アキレス腱炎の痛みでお困りの方へ

アキレス腱炎のトリガーポイント鍼療法

アキレス腱の痛みでお困りの方へ

アキレス腱炎の痛みの原因は筋肉や腱が硬くなったことにあります

注射ではなく鍼の施術で動いてもつまんでも大丈夫な状態へ

なぜアキレス腱炎に鍼をするのか?

もし、今あなたが、

  • 「アキレス腱をつまむと痛い」
  • 「歩いているとだんだんアキレス腱が痛くなる」
  • 「走る時、最初は良いが途中かから痛くなり走れなくなる」

このような状態でお悩みなら、それはアキレス腱やその周囲の筋肉が硬くなったことが原因です。

アキレス腱や筋肉が硬くなったことで痛みが出ている状態なら鍼の施術対象になります。

※アキレス腱炎の施術に対する効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

それではアキレス腱炎について詳しく説明していきます。

アキレス腱炎に痛み止めの注射は?

アキレス腱炎になるとかなり痛みが強い場合もあります。そのため、アイシングやストレッチを一生懸命するけれどあまり症状は変わらない。

こうなると、痛み止めの注射をしてもらった方が良いのかもと思うかもしれません。しかし、アキレス腱炎の原因のほとんどは、ふくらはぎの筋肉とアキレス腱そのものにあります。

こういった筋肉や腱が硬くなるとアキレス腱が痛むようになります。

ですから痛み止めの注射が悪いということではありませんが、注射で一時的に痛みを抑えるのではなくキチンと元のアキレス腱の状態に戻すには筋肉や腱の状態が良くなることが必要なのです。

アイシングやストレッチ・マッサージに加えて筋肉も施術する

アキレス腱炎で痛みがある場合、普段自分でできることとしてはアイシング、ふくらはぎのストレッチ、マッサージがあります。

スポーツをしている方に限らず、歩くことが多いとか、仕事を終えて帰ってくるとアキレス腱に熱感があり少し腫れるという場合はアイシングをするのが良いですね。

また、ストレッチやマッサージは良いことなのですが、アキレス腱の痛みがある時は強引に行うのではなく優しく丁寧に行うようにするのがコツです。

練習をしながら施術も同時に進めるのがベスト

スポーツをしている方なら特にかもしれませんが、アキレス腱が痛む時は練習を休んだ方が良いか迷うと思います。

こういう場合は、完全に休んでしまうのではなく、練習量を調節しながら同時にアキレス腱炎への施術も同時に進めるのが良いです。

なぜなら、その方が体力をキープしながら、アキレス腱をもとの状態に近づけることができるからです。

休めば痛まないというとは、逆に言うと練習を再開すればまた痛むということです。ですから、練習と施術を同時に進めるのがベストということになるのです。

アキレス腱炎の痛みがこのような場合は硬くなった筋肉や腱が原因

下記のようなアキレス腱炎の痛みがある場合は、筋肉や腱が硬くなったことが原因と思われますのでご参考下さい。

  • 歩く時にアキレス腱が痛む
  • アキレス腱をつまむと痛い
  • アキレス腱の痛みのため走れない
  • アキレス腱の痛みのためジャンプが出来ない
  • 立っている時にアキレス腱がズキズキと痛む
  • ふくらはぎを伸ばそうとしても十分に伸びない感じがする
  • アキレス腱や踵にズキズキと痛みがある

アキレス腱炎で痛みの出やすい部分

歩く時やつまむ時に痛みが出やすい

硬くなった筋肉や腱が原因の場合に鍼をする理由

アキレス腱炎の原因は、硬くなった筋肉や腱にあります。普段よく歩くとか、スポーツで体を動かすことが多い場合、筋肉や腱に疲労がたまります。

そして、だんだん疲労がたまると筋肉や腱が硬くなり痛みを出すようになります。

このことから、アキレス腱の痛みに対して鍼をする理由は次の2つです。

  • 硬くなったふくらはぎの筋肉や、アキレス腱が痛みの原因となっているから

  • そのため、原因となっている硬くなった筋肉や腱を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で歩いても走っても大丈夫なアキレス腱へ

硬くなった筋肉や腱が原因なら、どうすれば良いのかということが気になるかもしれません。

当院では、こういった筋肉や腱が原因の症状に対してトリガーポイント鍼療法を行っています。

この療法で筋肉や腱に対して施術を行いアキレス腱が元の状態に戻ることを目指します。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院ではこのようにしてアキレス腱炎の施術を行っています

アキレス腱炎に対する施術例の解説です。

アキレス腱炎に対する施術部分

踵、アキレス腱、ふくらはぎに施術をします

鍼をする部分は主にアキレス腱、ふくらはぎ、ひざの裏などになります。

状態にもよりますが、アキレス腱の踵の付着部は特に大事な施術部位になります。

アキレス腱の痛みのために腰やひざなどに影響が出ている場合は、その部分に対しても施術を行います。

使い捨ての鍼

※当院の鍼はすべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

よくあるご質問

アキレス腱炎に関してよくあるご質問を集めてみました。

アキレス腱炎でお悩みの方はご参考下さい。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

練習後にアキレス腱が痛みますが、冷やした方がいいですか?

■当院からの回答

基本的にアイシングをすることは構いません。

アキレス腱の痛みは、ふくらはぎの筋肉が原因で痛みが出ることが多いです。

ですから、ふくらはぎの筋肉を優しくマッサージしてあげることもお勧めです。

トレーニングに関するご質問

■ご質問

アキレス腱に痛みがある時は、練習は休んだほうがいいですか?

■当院からの回答

練習は痛みの程度や時期によります。

痛みが強い時は練習量や練習の質を落として調整するのが良いです。

完全に休むことよりも、出来る範囲で調整をしながら練習をすることがお勧めです。

また、試合が近い時なども同様です。

痛みの程度にもよりますが、完全に休むことはあまりお勧めしません。

完全に休むことが必要な場合もあると思いますが、それよりも体力を落とさないように出来る練習をしながら同時に施術を受けることがお勧めです。

施術に関するご質問

■ご質問

試合直前に鍼をしても大丈夫ですか?

■当院からの回答

問題ありません。

その時の状況に合わせた施術を行います。

ただし、試合の前日等の場合は試合に出ることを優先することが多いので痛みに対する施術というよりも、コンディショニングを重視した施術になりますのでご了承下さい。

アキレス腱炎の施術をご希望の方はご予約ください

アキレス腱が痛いと、日常生活やスポーツをする際に困ることが多いと思います。

そして、なかなか症状が治まらないとどうしたら良いのか迷ってしまうこともあることでしょう。

ご来院の方の中には練習を休めば良いと言われて休んでも、結局痛いままだったという方もおられました。

このようなアキレス腱炎になってしまった場合でも、鍼の施術なら練習を続けながら施術も進めることができます。

アキレス腱炎の原因は、硬くなった筋肉や腱である場合がほとんどです。ですから、筋肉に対する施術が適していると言えるのです。

アキレス腱炎の痛みでお困りの方はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ