膝の内側の痛み(鵞足炎)でお困りの方へ

鵞足炎のトリガーポイント鍼療法

膝の内側の痛み(鵞足炎)でお困りの方へ

鵞足炎の痛みの原因は硬くなった筋肉や靭帯にあります

痛み止めの注射ではなく鍼の施術で曲げても大丈夫な膝の状態へ

なぜ鵞足炎に対して鍼をするのか?

もし、今あなたが、

  • 「歩く時に膝の内側が痛い」
  • 「膝の曲げ伸しすると内側が痛い」
  • 「階段の昇降時に膝の内側が痛む」

こういった状態でもご安心ください。

膝の内側の痛み(鵞足炎)の本当の原因は硬くなった筋肉にあるので、注射や筋トレをして何も変わらない場合でも鍼の施術で対応できますから。

それでは、膝の内側の痛み(鵞足炎)について詳しく説明していきます。

膝の内側の痛み(鵞足炎)の施術を受けた方のご感想

当院で施術を受けた方のご感想を紹介します。

「本当にありがとうございました」清水さん(男性)

膝の内側の痛み(鵞足炎)の施術のご感想

約1か月歩けませんでしたので一時は会社もリタイヤして別の人生も考えましたが、本当に先生の所へ来てよかったと思います。

現在は1日歩行、立ちっぱなしの仕事も全く問題なく出来るようになり本当に感謝しております。

本当にありがとうございました。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

その他の方々のご感想はこちらをどうぞ。

施術を受けた方のご感想(声)

膝の内側が痛む鵞足炎は筋肉が硬くなったことが原因

膝の内側の痛みは、屈伸で膝を曲げ伸ばししたり、痛む膝に体重が乗った時、長時間歩いたりした時などに出ると思います。

こういった膝の内側の痛みの原因は、膝周りの筋肉が原因であることがほとんどです。人によって異なりますが、何らかの理由で膝周りの筋肉が疲労し、その結果筋肉が硬くなると膝の内側の痛みとして出てくるということになります。

痛みがかなり強い場合は、歩けないくらい痛くなる場合もあります。しかし、もしそのような状態であったとしても、筋肉が硬くなってしまていること原因なので壊れてしまったわけではありません。

ですからご安心下さい。

注射や筋トレで症状が変わらなくても大丈夫な理由

先ほど述べたように、膝の内側の痛みの原因は硬くなった筋肉にあります。ですから、硬くなった筋肉が原因の場合に痛み止めの注射は一時的なもので終わります。

またヒアルロン酸の注射もそもそも筋肉に対しての注射ではありませんから、何も変わらなくても当然と言えます。

では、筋トレはどうかと言うと、これは痛みの強さによります。筋肉が痛みを出しているわけですから、そこをさらに筋力をつければ良いというのは考え直した方が良いです。

まずは、痛みが減るようにしていくことが必要です。そして痛みが弱くなってきて、大分楽な状態が続くようになったらいわゆる再発予防のために筋トレをするのが良いです。

つまり、鍛えるということと治すということは別の物として捉えるのがより良い考えということになります。

膝の内側の痛みがこのような場合は筋肉が原因

膝の内側の痛みが、下記のような場合なら筋肉が原因と考えられますのでご参考ください。

  • 膝の内側が痛む
  • 歩く時や走る時にひざの内側が痛む
  • 膝を曲げると内側が痛む
  • 膝の内側の痛みのため、歩く事が出来ない
  • 足を着くときにひざの内側にズキンとした痛みがはしる
  • 深くしゃがむ時にひざの内側が痛む
  • 正座をするとひざの内側が痛む

膝の内側で痛みの出やすい部分

膝の内側で痛みの出やすい部分

筋肉が原因で膝の内側が痛む場合に鍼をする理由は?

鵞足炎でひざの内側が痛むのは、膝周りの筋肉が硬くなっていることが原因です。つまり、筋肉が原因なのだから筋肉に対しての対策が必要ということになります。

このことから、鵞足炎に対して鍼の施術をする理由は次の2つです。

  • 膝周囲の硬くなった筋肉や腱などが原因で痛みが出ているから

  • その硬くなった筋肉や腱を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で曲げ伸ばしがしやすい膝の状態へ

当院で行っているトリガーポイント鍼療法は、鵞足炎のような筋肉や腱が硬くなったこと原因の痛みに対して行う施術方法です。

筋肉や腱が原因なので、それに対しての施術が適していると言えます。

そして、施術により膝を曲げ伸ばししたり、歩いたりしても大丈夫な膝を目指すのです。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院ではこのようにして鵞足炎の施術を行っています

実際に施術をする部分について説明します。

膝の内側の痛み(鵞足炎)の施術部分(前面)

膝の内側周囲に施術をします

膝の内側の痛み(鵞足炎)の施術部分(後面)

膝の裏側に施術をすることもあります

膝の内側が痛む場合でも原因が膝の内側だけとは限りません。

多くの場合、膝の内側や、太ももの裏、お皿の周りなども痛みの原因になります。

痛みの原因になっている部分すべてに対して施術を行います。

使い捨ての鍼

※当院では、使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

よくあるご質問

膝の内側の痛み(鵞足炎)でお悩みの方からよくあるご質問を集めてみました。

膝の内側が痛む方はご参考下さい。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

膝の内側が痛い時は、温めた方がいいですか?それとも冷やした方がいいですか?

■当院からの回答

その時の状況によります。

スポーツの後などで、熱感がある、腫れがある、などの場合は冷やした方がいいです。

しかし、熱感、腫れはないが、逆に冷えると痛むという場合は温めるほうが良いです。

原因に関するご質問

■ご質問

膝の内側が痛む原因は半月板なのでしょうか?

■当院からの回答

個人差があります。

膝の痛みの原因が半月板の場合もあります。

ですが、半月板だけではなく、筋肉が原因のことも多くあります。原因は1つとは限りません。

また、どこがメインの原因となっているかは個人差があります。

すべてを半月板や骨の原因にしてしまうのには問題があるかと思います。

サポーターに関するご質問

■ご質問

膝が痛い時、サポーターはしたほうが良いですか?

■当院からの回答

迷う時の基準は1つです。

サポーターをして楽ならする。

なくても変わらないようならしなくても大丈夫です。

いずれの場合でも、どちらがより快適か?で選べば良いでしょう。

膝の内側の痛み(鵞足炎)の施術をご希望の方はご予約ください

膝の内側の痛み(鵞足炎)でご来院される方の中には、何をやっても痛みが変わらないという方が多いです。

こうなってしまうのは筋肉が硬くなったままだからです。

筋肉が原因の状態なら筋肉への施術が必要です。

鵞足炎で膝の内側が痛くてお困りの方はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ