腰痛でお悩みの方へ

腰痛に対するトリガーポイント鍼療法

腰痛に対するトリガーポイント鍼療法

腰痛の原因は硬くなった腰や臀部の筋肉にあります

注射やコルセットではなく鍼の施術で曲げても大丈夫な腰の状態へ

腰痛に鍼をするのはなぜか?

もし、今あなたが、

  • 「朝顔を洗う時に前かがみになると腰が痛い」
  • 「イスから立上がる時に腰が痛む」
  • 「腰を反らすと痛い」

このような腰の状態でお悩みでもご安心下さい。腰痛の原因は、腰や臀部の筋肉が硬くなっていることがほとんどなのです。硬くなった筋肉が原因ということは、その筋肉が緩めば大丈夫ということなのです。

それではこのことについて詳しく説明していきます。

腰痛の施術を受けた方のご感想

当院で施術を受けた方のご感想を紹介します。

「筋肉はほぐれ走るのも調子が良いです」岡山さん(男性)

始めは注射を打つ時の恐怖心がありましたが、実際は一瞬チクッとしたように感じるだけで痛みはなく、硬直した筋肉に鍼が当たるとジワジワとマッサージされるようで気持ちがいいです。

一年ほど前から腰の筋肉が硬直してきてそれに伴い股関節の痛みも出て走るのもつらい時期があったのですが、三宅先生に鍼を打ってもらうようになてからは筋肉はほぐれ、走るのも調子が良いです。

今でも練習を続けられるのは三宅先生のおかげだと体感し感謝しています(抜粋)。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

その他の方々のご感想はこちらをどうぞ。

施術を受けた方のご感想(声)

腰痛に必要な対策は注射や手術ではなく筋肉を緩めること

腰痛の原因とされるものには、ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、変形性腰椎症、筋・筋膜性腰痛、骨折や圧迫骨折に伴う腰痛などがあります。

こういった腰痛の中で、手術が必要な可能性があるものは骨折や圧迫骨折に伴う腰痛です。その他の場合には、手術はほぼ必要ないと言っても良いでしょう。

なぜなら、腰痛の原因として最も多いのは硬くなった筋肉が原因の場合だからです。硬くなった筋肉が原因の場合は筋肉に対しての施術が必要です。

つまり、ほとんどの腰痛にの対策として必要なことは注射や手術ではなく、硬くなった筋肉を緩めることということになります。

コルセットは外した方が良い理由

腰痛でコルセットをしている方は多いです。しかし、コルセットをした方が良いのは、強い痛みがある時です。または、痛みのため歩けないとか、仕事中はコルセットをしていないと不安だからという場合は着けても構いません。

しかし、痛みがあまりないようなら少しずつ着けない時間を増やし、できるだけ着けなくても大丈夫な体を作って行く方が良いです。

本来、人の体はコルセットをしなくても大丈夫なようにできています。ですから、痛みが減ってきたら少しずつ着ける時間を減らし、体を慣らしていくのが良いです。

そうしないと、いつまでもコルセットが手放せない体になってしまいますから。

長年腰痛を患っていると、コルセットを外すことが不安になるのは分かります。あなたが今そのような腰の状態でも大丈夫です。世の中の大半の人はコルセットなしで生活しているのですから。

あなたの腰痛がこのような場合は筋肉が原因

下記のような痛みがあるのなら鍼で施術ができます。

  • 腰からお尻にかけて痛む
  • 体を反らすと痛む
  • 朝起きた時は腰が固まったようになっていて痛い
  • 朝顔を洗う時に前かがみになると痛む
  • 立ち上がる時に腰が痛む
  • お尻のポケットの高さ辺りを拳でトントンと叩きたくなる
  • 腰が痛くて寝返りが出来ない

腰で痛みの出やすい部分

腰や臀部も痛みの元になりやすい

筋肉が原因の腰痛に対して鍼の施術をする理由

痛みというと神経や骨の変形などを連想してしまうかもしれません。しかし実際には、腰痛の原因は硬くなった筋肉にあることがほとんどです。

このことから、腰痛に対して鍼をする理由は次の2つです。

  • 腰やお尻の硬くなった筋肉が原因で腰の痛みが出ているから

  • そのため、原因となっている硬くなった筋肉を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で動いても大丈夫な腰の状態へ

腰痛に対するトリガーポイント鍼療法

硬くなっている筋肉が腰痛の原因ならどうすれば良いのか?ということが気になるかと思います。

当院では、硬くなった筋肉に対して鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

そしてこの療法により、顔を洗う時や立ち上がる時などに動きやすい腰の状態を目指すのです。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院ではこのようにして腰痛の施術を進めて行きます

鍼をする部分は主に腰、臀部などになります。

腰痛の施術部分

腰や臀部等に施術をします

背骨の際や、背骨から少し外側辺りが腰痛の原因になることが多いので施術をします。

また、臀部や股関節が原因で腰に痛みを感じることがあります。

慢性的な腰痛や、痛みの範囲が広い腰痛の場合は施術範囲を広くします。

使い捨ての鍼

※当院ではすべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

よくあるご質問

腰痛でお悩みの方からよくあるご質問を集めてみました。

腰痛の方はご参考下さい。

施術に関するご質問

■ご質問

近所の施術院で施術をしてもらっていて大分良くなったのですが、運動をするとまだ時々痛みが出ます。

何となく体の芯の部分が痛いように感じるのですが、鍼は大丈夫でしょうか?

■当院からの回答

この状況ですと、筋肉が骨に付着する部分に痛みが残っていると思われます。

筋肉が骨に付く部分というのは動作時にストレスがかかりやすく、痛みの原因になりやすい部分です。

体を反らしたり、前に倒した時などに痛むようなら鍼の対象となります。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

長年の腰痛持ちですが、やはり腹筋や背筋をして鍛えたほうがいいのでしょうか?

■当院からの回答

腹筋や背筋をして鍛えるのは良いことです。

ただし、痛みが少なくなってからというのが条件です。

腰痛を何とかしよう、もしくは予防したい、と考えてガンガン鍛えようとすると逆効果のこともあります。痛みが強い時はまずは鍛えることよりも痛みを減らすことが先決です。

痛みが減り、運動を行っても日常生活上に支障があまりないようになってから鍛えても遅くはありません。

鍛えることと、痛みを減らすことは別に考えたほうが良いでしょう。

症状に関するご質問

■ご質問

腰椎分離すべり症と言われていますが、鍼は可能ですか?

■当院からの回答

腰椎分離すべり症がある場合はどうしても腰痛がおこりやすくなります。

体の屋台骨である背骨に分離すべり症があると、背骨の周囲に付く筋肉は影響を受けやすくなります。そのため、腰に痛みが出やすくなります。

しかし、筋肉に対しての施術は可能なので、基本的には鍼は可能です。

鍼の対象にならない場合を除き、施術はお受けしております。

腰痛の施術をご希望の方はご予約ください

日本人の多くが一度は経験するのが腰痛と言われています。痛みの程度の差はありますが、原因の多くは硬くなった筋肉にあります。

慢性的な腰痛が続いていると「一生付き合っていくしかない」と思うかもしれません。ですが、筋肉の状態が良くなれば快適な状態に戻れる可能性は十分あります。

慢性的な腰痛でお困りの方はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ