腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)で走れなくてお困りの方へ

腸脛靭帯炎に対するトリガーポイント鍼療法

腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)でお悩みの方へ

腸脛靭帯炎の痛みは関節ではなく硬くなった筋肉や靭帯にあります

筋肉を施術して長距離を走り続けても大丈夫な膝の状態へ

腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)の原因は筋肉にある

もし、今あなたが、

  • 「走るとだんだん膝の外側が痛くなる」
  • 「膝の外側が痛く手スピード練習が出来ない」
  • 「長距離を走っていて途中までは良いが後半いつも膝の外側が痛くなる」

このような状態でお悩みでもご安心ください。

腸脛靭帯炎の原因は硬くなった太ももの筋肉にあります。何をやっても変わらない場合は筋肉や靭帯が硬いままの可能性が高いです。

それではこのことについて詳しく説明していきます。

膝の外側が痛くなる腸脛靭帯炎は筋肉が原因

腸脛靭帯炎になると、長時間歩くと痛い、膝を曲げ伸ばしすると痛い、長距離ランナーの方に多いですが練習中に痛くなるということがあると思います。

この膝の外側の痛みの原因は、膝周囲の筋肉や靭帯にある場合が多いです。日頃、足の筋肉をよく使う方は特にですが、筋肉に疲労がたまると硬くなります。

そして、最初は重だるいような感じだけだったのが、だんだん硬さを増した結果痛みになって出てきます。

主に膝の外側の筋肉や靭帯が原因になることが多いです。

腸脛靭帯炎の原因は靭帯が関節に接触するからではありません

腸脛靭帯炎は、膝の外側にある腸脛靭帯が膝を曲げ伸ばしする度に関節に接触するために起きると言われています。しかし、実際にはそのことが原因ではありません。

原因は靭帯が関節に接触することではなく、筋肉や靭帯が硬くなったことにあります。

筋肉や靭帯は、硬くなると痛みの原因になります。つまり、疲労がたまって段々と硬くなってしまった筋肉や靭帯を動かす。だから痛むということになります。

腸脛靭帯炎という名前からして靭帯が原因のように思われがちです。しかし、実際にご来院される方の膝を診てみると、靭帯だけではなく膝周りの筋肉も硬くなって痛みの原因になっている場合が多いです。

痛む時は鍛えれば良いということはありません

腸脛靭帯炎では、太ももの筋力が弱いから鍛えましょうということがよく言われます。しかし、痛みが強い時に鍛えるのは逆効果です。

例えば、切り傷がある時にダンベルを持って鍛えれば早く傷口が治まるということはありません。これと同じで、筋肉が硬くなって痛みを出しているのですから、まずは筋肉の状態をもとのやわらかい状態に戻すことが大事です。

そして、筋肉の状態が良くなり痛みも減ってきたら、再発予防のためにリハビリとして少しずつ筋トレを始めるのが良いタイミングです。

あなたの腸脛靭帯炎の痛みがこのような場合は筋肉が原因

腸脛靭帯炎で下記のような痛みがある場合は、筋肉が原因によるものと考えられます。

  • 膝の外側が痛む
  • 長時間歩くと膝の外側が痛む
  • 長時間立っていると膝の外側が痛くなる
  • ランニングをする痛みが出てくる
  • 屈伸をするときに、膝の外側が痛む
  • 階段を上るときや降りるときに痛む
  • 正座をすると膝の外側が痛む

腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)で痛みの出やすい部分

膝の外側で痛みの出やすい部分

腸脛靭帯炎に鍼の施術をするのはなぜ?

腸脛靭帯炎の原因は、硬くなった筋肉や靭帯にある場合がほとんどです。つまり、痛みを出しているのが硬くなった筋肉や靭帯ならば、それらが本来の状態に戻れば良いということになります。

腸脛靭帯炎の痛みに対して鍼をする理由は次の2つです。

  • 太ももやふくらはぎの硬くなった筋肉や靭帯が原因で痛みを出しているから

  • そのため、原因となっている硬くなった筋肉や靭帯を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で長時間歩いても走っても大丈夫な膝へ

硬くなった筋肉や靭帯を施術するには、トリガーポイント鍼療法があります。

トリガーポイント鍼療法はツボではなく筋肉や靭帯に対して施術をする方法です。

この療法で長時間歩いても、走っても大丈夫な膝の状態を目指します。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院では腸脛靭帯炎をこのようにして施術します

実際の施術について紹介します。

腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)に対する施術

例えばランニングで足を着いたときに痛むようであれば、足を着く時に力の入る筋肉を特定します。

そして、その筋肉の中から悪い部分を探し出して施術をしていきます。

また、痛む部分は膝の外側でも原因は複数のことが多いのですべて施術をします。

使い捨ての鍼

※当院では使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

施術を受けた方のご感想

ご感想はこちらをどうぞ。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

施術後のご感想

よくあるご質問

膝の外側の痛み(腸脛靭帯炎)に関するご質問です。

膝の外側が痛む場合はご参考下さい。

スポーツに関するご質問

■ご質問

腸脛靭帯炎と病院で診断されました。

スポーツを続けても良いでしょうか?

■当院からの回答

構いません。

ただし、痛みの状態に合わせた練習量を心がけて下さい。

休めば良くなるものでもありません。だからと言って、無理をすればひどくなる可能性があります。

練習をしながら、同時に施術を受けるのがベストです。

湿布に関するご質問

■ご質問

膝の外側が痛む時に湿布を貼ったほうが良いですか?

■当院からの回答

構いません。

上手な貼り方、痛む部分だけではなく、その周囲にも貼るのが上手な貼り方です。

ただし、かぶれやすい方はご注意下さい。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

ストレッチをしたほうが良いですか?

■当院からの回答

行っても構いません。

ただし、力任せにグイグイと伸ばすのではなく、ゆっくりジワジワと伸ばすのが良いです。

腸脛靭帯炎の施術をご希望の方はご予約ください

腸脛靭帯炎で日常生活や、走る時に痛みが出て困っている方は多いです。

いろいろと試してみても良くならないと、諦めてしまいたくなるかもしれません。

鍼ならば、筋肉にも靭帯に対しても施術をすることが可能です。

腸脛靭帯炎で膝の外側が痛くてお困りの方はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ