膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)でお困りの方へ

膝蓋靭帯炎に対するトリガーポイント鍼療法

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)でお困りの方へ

膝蓋靭帯炎の原因は硬くなった筋肉や靭帯にあります

筋肉を施術してフルマラソンを完走できる膝の状態へ

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の原因は筋肉と靭帯にある

もし、今あなたが、

  • 「膝を曲げるとお皿の下が痛い」
  • 「長時間立ったままでいるとだんだん膝のお皿の下が痛くなる」
  • 「歩いていると膝のお皿の下が痛くなってくる」

このような状況だとしてもご安心ください。

膝蓋靭帯炎の痛みの原因は硬くなった筋肉と靭帯にあります。ですから、大事なことは筋肉や靭帯が元の状態に戻ることです。

このことについて詳しく説明していきます。

膝蓋靭帯炎で歩く時に膝が痛むのは筋肉や靭帯が原因

膝蓋靭帯炎になると、膝を深く曲げる時や、階段の昇降時、またはスポーツでジャンプをする時に痛むことがあると思います。

この痛みの原因は、膝周りの筋肉や靭帯である場合がほとんどです。筋肉に疲労がたまってしまうと、筋肉は少しずつ硬くなってきます。

そして硬さが増してくると、動かした時に痛みが出るようになります。膝蓋靭帯炎では、いわゆるひざのお皿の周りの筋肉や、お皿の下にある靭帯が特に痛みの原因になりやすいです。

ひどくなると痛みはかなり強い場合もあると思います。しかし、筋肉や靭帯が硬くなっていることが原因なので必要なことは骨や関節への治療ではなく筋肉や靭帯が元の状態に戻ることなのです。

太ももの前の筋肉を鍛えれば良いとは限らない

膝蓋靭帯炎になると、太ももの前の筋力が弱いから鍛えて下さいと言われる方が多いようです。

しかし、痛みがある時に鍛えるというのは間違いです。

筋トレをして太ももの前の筋力をつけるということは、予防としては良いことです。ですが、痛みがある時に筋トレをするというのは逆効果です。

なぜなら、筋肉が硬くなって痛みが出ているのにそこをさらに鍛えると筋肉の硬さがいつまでもなくなりません。

ですから、まずは痛みの原因になっている硬くなった筋肉をやわらかくすることが必要です。そして、痛みがほとんどない程度になってから、いわゆるリハビリとして少しずつ鍛えるのが良いです。

そうすることにより、再発を防ぐことになるからです。筋トレ自体は悪くはありません。大切なことは、どういう時期に行うかということです。

痛みが強い時はまず痛みを減らすことに専念する。そして、痛みがなくなってきたら筋トレを再発予防のために行うという順番がベストです。

あなたの膝の痛みがこのような場合は筋肉が原因

膝蓋靭帯炎で下記のような場合は筋肉が原因と考えられます。

  • 膝のお皿の下辺りが痛む
  • 立ち上がる時などに膝の前が痛む
  • 膝の屈伸をするとお皿の下が痛む
  • 歩く時や走る時に膝の前が痛む
  • 正座をすると膝の前が痛む
  • 階段の昇降時に膝の奥が痛む
  • 長時間立ったままでいるとお皿の下辺りが痛む

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)で痛みが出やすい部分

膝下の靭帯周囲が痛くなりやすい

膝蓋靭帯炎の原因が筋肉の場合鍼の施術をする理由

膝蓋靭帯炎の原因は、硬くなった筋肉や靭帯にあるということを述べました。

筋肉や靭帯というのは硬くなると痛みを出すようになります。ですから、筋肉や靭帯が元どおりの状態になることが必要なのです。

このことから、膝蓋靭帯炎に対して鍼をする理由は次の2つです。

  • 膝の周りの硬くなった筋肉や靭帯が原因で痛みが出ているから

  • そのため、原因となっている硬くなった筋肉や靭帯を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で動かしても大丈夫な膝へ

硬くなり痛みを出している筋肉や靭帯はどうすれば良いのかが気になると思います。

筋肉や靭帯が原因の痛みに対してトリガーポイント鍼療法という施術があります。

当院では、このトリガーポイント鍼療法で硬くなった筋肉や靭帯に施術を行っています。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

膝蓋靭帯炎に対する施術

鍼をする部分は主に太もも、膝のお皿のまわり、そのた原因と判断した部分になります。

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の施術部分

膝周囲の筋肉や靭帯に施術を行います

膝の前の痛みは膝の前だけが原因とは限りません。

膝の裏側に原因があれば裏側にも施術をしますし、原因と特定できた部分にはすべて施術をします。

大事なことはどのような時に痛みが出るのか?ということから正しく原因部分を判断することです。

使い捨ての鍼

※当院の鍼は100%使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

施術を受けた方のご感想

施術のご感想はこちらをどうぞ。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

施術のご感想

よくあるご質問

膝蓋靭帯炎の方からよくあるご質問を集めてみました。

膝蓋靭帯炎の方はご参考下さい。

症状に関するご質問

■ご質問

膝の前が痛むのですが、半月板が原因でしょうか?

■当院からの回答

可能性はありますが、影響はあまりないと言えます。

ひざの痛みの原因は骨や半月板ばかりではありません。膝蓋靭帯炎は、お皿の下の靭帯が悪くなる症状です。

膝蓋靭帯に加えて、その他の筋肉などの影響が大きいです。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

温めた方が良いですか?それとも冷やす方が良いですか?

■当院からの回答

その時の状態によります。

熱感や腫れがある時は冷やす方が良いでしょう。

熱感や腫れがなく、入浴後に楽に感じるようなら温めるほうが良いでしょう。

鍼の施術に関するご質問

■ご質問

関節に鍼を打つのですか?

■当院からの回答

違います。

関節ではなく、膝蓋靭帯を始め、原因と思われる筋肉や腱、靭帯に対して鍼をします。

解剖学に基づいた施術法ですのでご安心ください。

膝蓋靭帯炎の施術をご希望の方はご予約ください

膝蓋靭帯炎になり何年も悩んでいる方がおられます。

このような場合でも、原因は硬くなった筋肉や靭帯にある場合は多いです。

膝蓋靭帯炎による膝の痛みでお困りの方はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ