坐骨神経痛による太ももやふくらはぎの痛みでお困りの方へ

坐骨神経痛の施術

坐骨神経痛のトリガーポイント鍼療法

坐骨神経痛の痛みやしびれの原因は神経圧迫ではなく硬くなった筋肉にあります

注射や手術ではなく筋肉を施術して長く歩いても大丈夫な状態へ

坐骨神経痛に鍼をするのはなぜか?

もし、今あなたが、

  • 「歩いているとだんだん太ももの裏やふくらはぎにかけて痛みやしびれが出てくる」
  • 「朝起きた時にふくらはぎの外側が強烈に痛い」
  • 「痛みのため長時間立ったままや座ったままでいられない」

このような状態なら筋肉が原因ですからご安心下さい。

この点について説明しますのでご参考下さい。

坐骨神経痛の施術を受けた方のご感想

当院で施術を受けた方のご感想を紹介します。

「話をしっかり聞いて下さり、適切に施術をして下さって体だけでなく心のケアもして下さったと思っています」さん(女性)

坐骨神経痛のご感想

初めは痛みが強くとても不安でしたが、先生が必ず良くなると話して下さり安心しました。

1度目の治療で少し楽になり、それからは先生が説明して下さった通り少しずつ改善し症状がなくなりました。

話をしっかり聞いて下さり、適切に施術をして下さって体だけでなく心のケアもして下さったと思っています。

ありがとうございました。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

「日常生活が普通に送れることに幸せを感じています」Oさん(女性)

坐骨神経痛のご感想

治療の回数を重ねるたびに、どんどん良くなっていきました。

鍼は初めてでしたが、自分の悪いところにピンポイントで治療されているので、ズーンとひびく痛みも次第に心地よくなってきました。

痛みがとれ、日常生活が普通に送れることに幸せを感じています。先生に治療してもらえて、とても良かったです。ありがとうございました。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

「以前の痛みを忘れる位良くなりました」Kさん(女性)

少し不安もありましたが、1回目から症状が良くなっていくのがすごく感じられました。

今は以前の痛みを忘れる位良くなりました。有難うございました。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

その他の方々のご感想はこちらをどうぞ。

施術を受けた方のご感想(声)

坐骨神経痛の原因は神経圧迫ではなく筋肉にある

一般的に坐骨神経痛は、腰のヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などにより神経が圧迫され発症するとされています。

また、背骨の間が狭くなっていることも原因とされることがあります。

たとえそのような状態であったとしても、鍼の施術で対応できる場合がほとんどですからご安心ください。

確かに神経圧迫が原因の場合もありますが、本当の原因は神経ではなく硬くなった筋肉にある場合のほうが実は多いのです。

なぜそのように言えるかについて説明します。

あなたの坐骨神経痛にはこんなことはありませんか?

例えば坐骨神経痛の方の中にはお風呂に入った後は少しは楽だという方がおられます。

神経圧迫が原因なら、常に圧迫されているわけですからお風呂に入ったから楽になるというのはおかしいです。

しかし、筋肉が原因と考えると、お風呂に入るなどして一時的に硬くなった筋肉がほぐれた時に痛みが弱くなるということはあり得ます。

「そうは言っても、私の痛みはお風呂に入った後でも変わらない」という方もおられるでしょう。

ですが、そういう方でも「痛みやしびれが強くなったり弱くなったりすることがある」という方がほとんど。

これも神経は常に圧迫されているわけですからそもそも痛みの強さが変化すること自体がおかしいということになります。

ですが、筋肉の状態は長時間歩くとか、立ったままでいることが続くと疲労しますので痛みやしびれも増すということになるのです。

このようなことからも坐骨神経痛は神経ではなく筋肉が原因ということが言えるのです。

あなたの痛みやしびれがこのような場合は筋肉が原因

坐骨神経痛で下記のような場合は筋肉が原因と考えられます。

  • 太ももの裏やふくらはぎに痛みやしびれがある
  • 足の外側や足首に痛みやしびれがある
  • 長時間立っていたり、座っていると足がしびれてくる
  • 腰やお尻、足全体に痛みやしびれがある
  • 強い痛みのため寝返りが出来ない、または靴下が履きにくい
  • 安静にしていても痛みがあり、夜も痛みのため目が覚めてしまう
  • 歩くと痛むため途中で休まなければいけなくなる

坐骨神経痛で痛みやしびれの出やすい部分(背面)

臀部や太もも、ふくらはぎに痛みが出やすい

坐骨神経痛で痛みやしびれの出やすい部分(前面)

脛や足の甲も痛みが出やすい

坐骨神経痛の原因が筋肉なら鍼をするのはなぜ?

先ほど説明したように、坐骨神経痛の原因は神経ではなく筋肉にあることがほとんどです。

このことから、坐骨神経痛に対して鍼の施術をする理由は次の2つです。

  • 痛みやしびれの原因は神経ではなく、硬くなった筋肉が根本的な原因だから

  • そのため、硬くなって痛みやしびれを出している筋肉を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で長時間歩いても立ったままでも大丈夫な状態へ

坐骨神経痛に対するトリガーポイント鍼療法

坐骨神経痛の原因が筋肉ならどうすれば良いのでしょうか?

当院では筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。この方法は筋肉に施術をする方法です。

そしてこの療法により、長時間歩いたり立ったままでも大丈夫な状態を目指します。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院の坐骨神経痛に対する施術

実際にどのようにして坐骨神経痛の施術を鍼で行うのかを説明します。

坐骨神経痛に対する施術(背面)

腰や臀部に施術をします

坐骨神経痛の施術部分(前面)

股関節や脛に施術をすることもあります

鍼をする部分は多くの場合、腰やお尻、股関節周りになります。

また必要な場合は、太ももやすねなどに対して行うこともあります。

主な原因となるのは腰とお尻、股関節周りなので、これらから施術を始めます。

使い捨ての鍼

※当院では、使い捨ての鍼で施術をしていますのでご安心ください。

よくあるご質問

坐骨神経痛でお悩みの方からよくあるご質問を集めてみました。

坐骨神経痛の方はご参考下さい。

鍼が適応かどうかに関するご質問

■ご質問

何年も前からふくらはぎや脛が痛んだり、ビリビリしびれたりします。

足の裏も時々しびれたり、何かが張り付いているような鈍い感覚になることもありますが、このような場合でも鍼の対象になりますか?

■当院からの回答

基本的に大丈夫です。

坐骨神経痛と言っても原因の多くは臀部の筋肉にあります。

そのため、基本的な施術は臀部の筋肉や股関節周囲の筋肉に対して行うことになります。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

温めたほうがいいのでしょうか?それとも冷やした方がいいのでしょうか?

■当院からの回答

坐骨神経痛と言っても基本的には臀部や股関節周囲の筋肉が硬くなり、痛みやしびれを出しているという状況のことが多いです。

また、夏場冷房の効いた部屋にいると痛くなるという方が多いという点からも冷やすのは控えたほうが良いでしょう。

ですから、基本的には温めたほうが筋肉も柔らかくなりますので、温めたほうが良いと言えるでしょう。

他の方法に関するご質問

■ご質問

病院で牽引をして、電気を当ててもらっていますが、同時に鍼をしても大丈夫ですか?

■当院からの回答

全く問題はありません。

坐骨神経痛の施術をご希望の方はご予約下さい

坐骨神経痛でお悩みの方は多くおられます。

坐骨神経痛の痛みやしびれは確かにつらいです。私も経験しているのでよく分かります。ですが、原因は神経ではなく筋肉が硬くなっている場合が多いのです。

坐骨神経痛の痛みやしびれでお困りの方はご予約いただければと思います。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ