シンスプリントの痛みでお困りの方へ

シンスプリントに対するトリガーポイント鍼療法

シンスプリント

シンスプリントの原因は硬くなった脛の内側の筋肉にあります

痛み止めの薬や注射ではなく筋肉の施術で走っても大丈夫な足の状態へ

シンスプリントの原因は筋肉にある

もし、今あなたが、

  • 「走ると脛の内側がズキズキと痛む」
  • 「脛の内側が腫れて痛む」
  • 「長距離を走っているとだんだん脛の内側が痛くなってくる」

このような状態でもご安心下さい。シンスプリントの痛みの原因は筋肉が硬くなってしまったというだけですから。

それではシンスプリントについて詳しく説明していきます。

シンスプリントになっても痛み止めの注射はしなくても大丈夫です

シンスプリントになると、スポーツをする際にすねの内側が痛くなって困ると思います。

マッサージや練習後のアイシングやストレッチをしてもなかなか症状が治まらないと、痛み止めの注射をした方が良いのかと思うかもしれません。

現在こういった状態でも、シンスプリントの原因は硬くなった筋肉にありますから痛み止めの注射はしなくても大丈夫です。

それよりも、硬くなった筋肉が原因なのですから筋肉が緩むことが必要なのです。

練習を休むのではなく筋肉に対する施術をする

シンスプリントになると、練習を休んでくださいと言われる方が多いようです。

しかし、休めば良くなるということではありません。また、大事な試合が控えているとなかなか練習を休めないというのも事実かと思います。

こういう場合はどうすれば良いのかというと、練習をしながら同時に筋肉への施術も行うということです。

痛みの程度に合わせて練習量を調整し、それと同時にシンスプリントの原因になっている筋肉に対して施術をしていく。そうすることにより、体力をある程度維持しながら元どおりの足の状態へ近づくことができるのです。

ただ、1点だけ注意して欲しいことがあります。それは疲労骨折です。シンスプリントが悪化すると、疲労骨折になってしまう場合があります。この場合はさすがに練習を休まなければいけません。

ですから、このようになる前に筋肉への施術をすることがより大切ということになります。

アイシングやストレッチに加えて鍼の施術をすると良い理由

筋肉への施術ということなら、練習後にアイシングやストレッチをすれば良いのかと思うかもしれません。確かにそれらは行う方が良いです。

ですが、シンスプリントの原因はふくらはぎの奥の方にある筋肉が原因の場合もあります。この場合はアイシングやストレッチだけでは足りないのです。

鍼であれば、奥の方の筋肉に対しての施術が可能になります。ですから、日ごろのセルフケアに加えて鍼の施術をすることが良いと言えるのです。

あなたのシンスプリントの痛みがこのような場合は筋肉が原因

このようなシンスプリントの痛みの場合は筋肉が原因と考えらえますのでご参考ください。

  • すねの内側が痛む
  • 走る距離が長くなるに従ってだんだん足が痛くなる
  • ランニング中の足が地面に着く瞬間にすね周囲がズキンと痛む
  • ジャンプをして着地する時に脛の内側が痛む
  • すねの内側を押すと強い痛みがある
  • すねの内側に鈍痛のような痛みがある
  • 走った後に痛みが増す

シンスプリントで痛みの出やすい部分

シンスプリントで痛みの出やすい部分

筋肉が原因のシンスプリントに鍼をする理由

先ほども述べましたが、シンスプリントの原因の多くは硬くなった筋肉にあります。

つまり、硬くなった筋肉が原因だから筋肉に対しての施術が必要ということになるのです。

シンスプリントに対して鍼の施術をする理由は次の2つです。

  • スポーツなどで硬くなったふくらはぎの筋肉が原因で痛みが出ていることが多いから

  • そのため、原因となっている硬くなった筋肉に対して施術をしてやわらかくするから

トリガーポイント鍼療法で走っても大丈夫な状態へ

シンスプリントの痛みに対して当院ではトリガーポイント鍼療法という方法で施術をしています。

この方法は、筋肉を施術することに特化した方法です。

この方法で筋肉を施術することで走りやすい状態を目指します。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院ではこのようにしてシンスプリントの施術を行います

鍼の施術は主にふくらはぎの筋肉に対して行います。

シンスプリントの施術部分

脛の内側やふくらはぎに施術をします

ふくらはぎの筋肉と言っても、表面から触れることができるものや深部のものもあります。

それらの中で、シンスプリントの痛みの原因になっている筋肉や腱に対して行います。

多くの場合はふくらはぎやすねの筋肉に対して施術を行います。

使い捨ての鍼

※当院の鍼は、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

よくあるご質問

シンスプリントの患者さんからよくあるご質問を集めてみました。

シンスプリントの方はご参考下さい。

症状に関するご質問

■ご質問

脛の内側辺りの痛みが強いです。

シンスプリントでしょうか?

■当院からの回答

実際にお身体を拝見してみないと分かりませんが、強い痛みを感じる部分が限局されている場合は疲労骨折の可能性も考えられます。

痛みがかなり強い時は、念のため病院を受診することをお勧めします。

トレーニングに関するご質問

■ご質問

陸上部に所属しています。

シンスプリントと病院で言われましたが、練習はしない方がいいのでしょうか?

■当院からの回答

練習は、疲労骨折でない限りは出来る範囲で行っても構いません。

ただし、量や質を半分にして、体力を落とさないようなメニューをお勧めします。

練習を減らして心配ならば、エアロバイクや水泳なら足の負担が少ないと思いますので体力を維持してみて下さい。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

アイシングはした方がいいのでしょうか?

■当院からの回答

練習後にズキズキと痛みが強い時はアイシングをして下さい。

痛みが引いてくればあまり必要ありません。その場合は練習後は少し冷やしてみるのが良いでしょう。

シンスプリントの施術をご希望の方はご予約ください

シンスプリントになると、練習ができなくなるので困るという方は多いです。ただ、痛くてもなかなか練習を休めないというのも現実。

このような状態でも、鍼の施術であれば練習をしながら同時に施術を進めることができます。

シンスプリントの痛みでお困りの方はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ