脊柱管狭窄症の痛みやしびれでお悩みの方へ

脊柱管狭窄症に対するトリガーポイント鍼療法

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の痛みやしびれは多くの場合神経圧迫ではなく筋肉が原因です

注射や手術ではなく鍼の施術で長く歩き続けても大丈夫な足の状態へ

なぜ脊柱管狭窄症に対して鍼をするのか?

もし、今あなたが、

  • 「歩くと足が痛くなったりしびれたりする」
  • 「歩くと足が痛くなり途中で少し休むとまた歩けるようになる」
  • 「立ったままでいるとだんだん太ももやふくらはぎがしびれてくる」

このような状態でもご安心ください。なぜなら、脊柱管狭窄症は神経ではなく筋肉に原因があることがほとんどだからです。

それでは脊柱管狭窄症について詳しく説明していきます。

脊柱管狭窄症の施術を受けた方のご感想

当院で施術を受けた方のご感想を紹介します。

「鎮痛剤を飲む量が減り安心しています」Kさん(女性)

脊柱管狭窄症のご感想

症状が出てから10数年過ぎているので少し時間がかかりそうですが確実に良くなってきていると思います。

鎮痛剤を飲む量が減り安心しています。ありがとうございます。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

「痛み止めを飲まなくてもよくなりました」Kさん(男性)

腰やお尻が痛くて歩きづらい状態でした。

痛み止めを飲んでも長く歩けるようにはなりませんでしたが、鍼の治療を受けてからはだんだん歩けるようになりました。

今では痛み止めを飲まなくてもよくなりました。

※個人の方のご感想です。効果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

その他の方々のご感想はこちらをどうぞ。

施術を受けた方のご感想(声)

脊柱管狭窄症の原因が筋肉にあると言える理由

MRIの検査の結果、背骨の中で狭窄して神経が圧迫されている状態が写っているのであればそれは事実です。

しかし、例え狭窄している部分があったとしてもそれは足の痛みやしびれの原因ではありません。なぜかというと、脊柱管狭窄症には次の2つの原因があるからです。

  1. 診断通り狭窄により痛みやしびれが出ている場合

  2. 狭窄していても痛みやしびれが筋肉から出ている場合

狭窄していることが分かると、ほとんどの方が痛みやしびれの原因は狭窄によるものと診断されます。しかし、本当に狭窄が原因であれば痛みやしびれ以外のもっと酷い症状が出ます。

それは何かと言うと、膀胱直腸障害と言って排便や排尿が困難になる症状です。

または、麻痺の症状が出ることもあります。

あなたの脊柱管狭窄症の症状で、膀胱直腸障害や麻痺はあるでしょうか?

脊柱管狭窄症で神経圧迫の状態になっていても、こういった症状はない方がほとんどです。

ですから、脊柱管狭窄症の原因は2つめの筋肉が原因の方が多いということが言えます。

イメージしにくいかもしれませんが、筋肉は硬くなると痛みだけではなくしびれも出します。その結果、歩くと痛くなり少し休むとまた歩けるようになるという状態になります。

このような状態は筋肉が原因ですから、神経に対しての治療ではなく筋肉への対策が必要ということが言えるのです。

あなたの痛みやしびれがこのような場合筋肉が原因

脊柱管狭窄症で下記の症状がある場合は神経ではなく筋肉が原因と考えられますのでご参考ください。

  • 歩いているとだんだん足に痛みやしびれが出るが休むと治まり歩けるようになる
  • 腰やお尻のポケットの高さ辺りが痛む
  • 痛みやしびれが出るとお尻のポケットの高さ辺りを拳で叩きたくなる
  • 太ももの裏やふくらはぎが痛む
  • 太ももの裏やふくらはぎがしびれる
  • 前屈みになると痛みやしびれが出る
  • 背中を後ろに反らすと痛みやしびれが出る

脊柱管狭窄症で痛みやしびれの出やすい部分(背面)

腰やお尻から足にかけて痛みやしびれが出やすい

脊柱管狭窄症で痛みやしびれが出やすい部分(前面)

脛や足の甲にも痛みやしびれが出やすい

脊柱管狭窄症に伴う痛みやしびれに鍼をする理由

ほとんどの脊柱管狭窄症の原因は硬くなった筋肉にあります。

そのため、神経圧迫に対するブロック注射や手術ではなく筋肉に対しての施術が必要ということになります。

このことから、脊柱管狭窄症に伴う痛みやしびれに対して鍼をする理由は下記の2点です。

  • 腰や臀部、股関節周りの硬くなった筋肉が原因で痛みやしびれ出ているから

  • その原因となっている硬くなった筋肉に鍼の施術をするから

トリガーポイント鍼療法で長く歩いても大丈夫な状態へ

脊柱管狭窄症に対するトリガーポイント鍼療法

硬くなった筋肉はトリガーポイント鍼療法で施術をします。

この方法は、ツボではなく筋肉に施術する方法です。

そして、この方法で筋肉を施術して長く歩ける状態を目指します。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院では脊柱管狭窄症の施術を次のようにして行います

脊柱管狭窄症の施術について説明します。

脊柱管狭窄症の施術(背面)

腰やお尻に施術をします

脊柱管狭窄症の施術(前面)

股関節周囲や脛にも施術をします

腰、臀部、股関節周囲が主な原因のことが多いです。

ですから、当然鍼の施術も腰、臀部、股関節周囲の筋肉に対して行うことになります。

腰や臀部、股関節周囲で原因となっている筋肉はすべて施術を行います。

使い捨ての鍼

※当院ではすべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

よくあるご質問

脊柱管狭窄症の患者さんからよくあるご質問を集めてみました。

脊柱管狭窄症の方はご参考下さい。

手術が必要かどうかに関するご質問

■ご質問

脊柱管狭窄症と病院で言われました。

手術はしたくないのですが、鍼でも大丈夫でしょうか?

■当院からの回答

脊柱管狭窄症の原因は神経ではなく筋肉のことが多いです。

筋肉が原因なら鍼の施術が可能です。

しかし、中には神経が原因の場合もあります。

ですから、まずは病院で検査を受けて状態を確認していただけると鍼で対応可能かどうかが分かります。

施術の効果に関するご質問

■ご質問

脊柱管狭窄症に対して効果がありますか?

■当院からの回答

お体を拝見してみないと何とも申し上げられません。

施術に関するご質問

■ご質問

鍼は神経に対してするのですか?

■当院からの回答

いいえ、違います。

鍼は神経に対して行うのではなく硬くなった筋肉に対して行います。

当院では、初めての方でも安心して施術を受けていただけるように心がけておりますので安心してご来院下さい。

脊柱管狭窄症の施術をご希望の場合はご予約ください

脊柱管狭窄症でご来院される方のお体を拝見すると筋肉が原因の方が多いです。

脊柱管狭窄症は加齢に伴う症状ですから年齢的に不安があるのは当然です。鍼であれば体や日常生活への負担は少なくてすみます。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれでお困りの場合はご予約ください。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ