スポーツ障害でお悩みの方へ

スポーツ障害の原因や対策と、当院での鍼灸施術の方法の解説ですのでご参考下さい。

野球肘(肘の内側の痛み)

野球肘

肘の内側がズキズキと痛む症状で、主に野球のピッチャーに多く見られることから野球肘と呼ばれることもあります。

正式名称は内側上顆炎と言います。

カーブを投げる際に肘をひねるような動作を頻繁に行うと傷めやすいとも言われます。

主に肘周囲の筋肉が原因ですが、肩や腕全体の筋肉が疲労していることも考えられます。

野球肘の痛みに対する鍼灸

テニス肘(肘の外側の痛み)

テニス肘

野球肘とは反対に、肘の外側が痛む症状です。

主に、テニス選手に見られることからテニス肘と呼ばれます。

また、ゴルフの選手にも多く見られることからゴルフ肘とも呼ばれます。

正式な名称は外側上顆炎と言います。

テニスのバックハンドで打つ際やゴルフでクラブを振る際、また剣道で竹刀を振る際などにも腕の力を強く使いますので傷めやすい部分です。

肘だけではなく、肩周囲、腕全体の筋肉が疲労している可能性も考えられます。

テニス肘(肘の外側の痛み)に対する鍼灸

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝

膝のお皿の下が痛む症状で、主にジャンプ系の競技をしている選手に多く見られます。

例えば、陸上の高跳び、バスケットボール、バレーボールなどでジャンプをする際にズキンとした痛みがはしる症状です。

ジャンプ動作をする時に体重が膝にかかり、太モモの前の筋肉が疲労することにより起こりやすい症状です。

場合によっては膝の裏側や太モモの裏側や、ふくらはぎの筋肉も関与していることもあります。

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の対策と鍼灸

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

膝の外側がズキズキと痛み、主に長距離選手に多く見られる症状です。

一般的には、腸脛靭帯という腰から膝の外側にかけて走行している長い靭帯が疲労により緊張し、そのため膝関節にすれることにより痛むと言われています。

しかし実際には、太モモの裏側の筋肉やふくらはぎの筋肉も痛みに関与していることもあります。

もちろん、腸脛靭帯そのものが痛みに影響している場合もあります。

腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)の対策と鍼灸

シンスプリント

シンスプリント

膝から下には脛骨と呼ばれる骨がありますが、この脛骨の内側辺りに強い痛みを感じる症状です。

この症状も長距離選手に多く見られる症状で、同じような痛みに疲労骨折があり、シンスプリントとの見極めが大切です。

シンスプリントの場合はふくらはぎの筋肉が関与している可能性が高いですが、奥の方にある筋肉も痛みに影響している場合もあります。

シンスプリントの痛みに対する鍼灸

アキレス腱炎

アキレス腱炎

ランナー、スプリンター、その他多くのアスリートに見られる症状で、いわゆるアキレス腱が運動時に痛む症状です。

アキレス腱はふくらはぎの筋肉の延長上にある腱なので、主な原因はふくらはぎの筋肉に溜まった疲労と考えられます。

過剰な疲労が溜まったたままで無理を重ねるとアキレス腱断裂の危険もあるので、軽度の痛みでもあまり放っておくといけません。

体重も掛かりやすいし、どのスポーツにも共通で使う筋肉と腱なので、普段からのコンディション調整が大切です。

アキレス腱炎の対策と鍼灸

よくあるご質問

スポーツ障害に関して患者さんからよくあるご質問を集めてみました。

スポーツ障害でお悩みの方はご参考下さい。

施術の時期に関するご質問

■ご質問

試合前はいつ頃施術を受けるのがいいですか?

■当院からの回答

ケガの状況にもよりますが、試合に向けてのコンディショニングなら3日前位がベストです。

しかし、痛みが強いけれども試合には何とかして出たい、という場合は試合の前日でも構いません。

どのような場合にしても体調、状況に合わせて施術を行っています。

アイシングに関するご質問

■ご質問

痛みがある時は冷やした方がいいですか?

■当院からの回答

アイシングというのは、基本的には上がった体温を下げるために行うものです。

ですから、練習後にズキズキ痛むようならアイシングを行うのが良いでしょう。

また、日常生活においてズキズキとした痛みが強い時は冷やしても良いでしょう。

状況にもよりますが、慢性的な状況の場合や、痛みが大分回復している時は温めたほうが良い場合も多くあります。

練習に関するご質問

■ご質問

痛みがある時は休んだほうがいいのでしょうか?

■当院からの回答

骨折している場合や、かなり重度の症状などの場合は別ですが、痛みのために長時間の練習が出来ないとか、スピード練習が出来ない、思い切ってボールを投げられない、などの状況の時は出来る範囲で練習をすべきです。

コツとしては、練習の量や質を半分程度にして練習をしてみることです。

そして、体力を落とさないようにしながら、同時に治療をしていくべきです。

練習をしてさらに痛みが強くなってしまうようならば、患部に影響の少ない練習をしていくのが良いでしょう。

完全に休むと一時的には良くなるでしょうが、また練習を始めると同じことを繰り返します。

ですから無理のない範囲で、体力を落とさない程度の練習、出来る範囲の練習をした方が良いでしょう。

スポーツ障害でお悩みの方はご予約ください

現在、スポーツ障害に対して施術を行っている治療院はたくさんありますが、スポーツによるケガで治療院を探している場合、施術に関して専門の知識を持っている治療院の先生がいいでしょう。

人間の体なので、どこかが痛くても通常通り施術をすれば問題はもちろんありません。

しかし、コンディショニングや試合前の調整、練習の量、などに関しての知識等が全くない先生だと困るはずです。

ですから、出来る限りスポーツ障害に関する知識を持っている治療院の先生を探してみましょう。

もちろん、当院でもスポーツ障害の施術は行っています。

スポーツ障害で大事なことは、ゴールを決めてから施術を開始することです。

一般の患者さんの症状の場合でも同じと言えば同じですが、アスリートの場合は特にしっかりとゴールを決めないといけません。

どういうことかと言うと、例えば、「症状が重い、だけどもうすぐ試合なので、何とかしたい」という場合は、試合に出ることが優先事項になります。

そうなれば、出来る限り試合に出ることが出来るように施術とコンディショニングをしていくことが大事です。

そして、全く痛みがなくなればもちろんベストですが、試合までの十分な施術期間がない場合は、試合に出ることを優先して調整していくことが必要になります。

逆に、シーズンオフの場合なら、回復することが第一優先になりますので、練習量を調整しながら、施術に重点を置いてコンディショニングをしていく必要があります。

このようにしてゴールは何か?ということを決めてから施術を開始して、同時に練習を進めていくことが大事です。

スポーツによる、肩、肘、腰、足、膝、などのケガのことなら当院の鍼灸施術の対象になります。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ