テニス肘(肘の外側の痛み)でお困りの方へ

テニス肘に対するトリガーポイント鍼療法

テニス肘(肘の外側の痛み)でお悩みの方へ

テニス肘の痛みは硬くなった腕の筋肉が原因です

薬やサポーターではなく鍼の施術で曲げても力を入れても大丈夫な状態へ

テニス肘(肘の外側の痛み)の原因は筋肉にある

もし、今あなたが、

  • 「物をつかんで持ち上げる時に肘の外側が痛む」
  • 「タオルをしぼる時に肘の外側がズキンと痛む」
  • 「パソコン作業をしている時などに肘の外側が痛くなる」

こういったテニス肘による痛みでお困りでもご安心下さい。

肘の痛みの原因は骨や関節に異常があるのではなく腕の筋肉が硬くなったというだけのことが大半ですから。

テニス肘の症状や対策について詳しく説明していきますのでご参考下さい。

骨や関節が痛く感じても注射や手術をしなくても大丈夫な理由

肘の外側が痛くなる症状をテニス肘と言います。この症状は、肘の骨や関節が痛むように感じるのですが、骨折をしていない限り骨が原因で痛むことはありません。

レントゲンで骨や関節に問題がない。しかし痛みはあるということならば間違いなく原因は骨や関節以外にあります。

では、このようなテニス肘・ゴルフ肘の痛みの原因は何かというと、硬くなった腕の筋肉です。筋肉が硬くなって痛みを出しているので、注射や手術はしなくても大丈夫ということが言えます。

筋肉が原因なら必要なことは筋肉への対策です。ですから、注射や手術もしなくても大丈夫ということが言えるのです。

テニス肘の原因は使いすぎて硬くなった腕の筋肉にあります

ではなぜ筋肉が硬くなって痛みの原因になるのかと言うと、腕の筋肉を使いすぎたからということです。

スポーツで肘に痛みが出るのは想像しやすいかと思います。ただ、スポーツ以外でも仕事や日常生活で腕をよく使っていると徐々に疲労がたまり、結果として筋肉が硬くなります。そして肘が痛くなってしまうということです。

筋肉が原因なので、何らかの動作に伴って痛みが出ることが多いと思います。もしこれが、骨や関節の異常が原因であれば、常に痛みがあるはずです。

ですが、肘の痛みがある患者さんは、腕を使った時に痛みが出ている場合がほとんどです。

このようなことから考えても、テニス肘の原因は筋肉であると言えるのです。

あなたのテニス肘の痛みがこのような場合は筋肉が原因

  • 肘の外側がズキズキと痛む
  • 肘を曲げ伸ばしすると外側が痛む
  • 拳を握った状態で、手首を動かすと肘の外側が痛む
  • 缶コーヒーくらいの重さの物を持ち上げようとしただけでもズキンと痛みがはしる
  • ゴルフやテニスなどのスポーツをしている時に痛む
  • パソコンを使い続けていると痛みが出てくる
  • 傘をさしていると徐々に痛くなってくる

テニス肘で痛みの出やすい部分

肘の外側周囲に痛みが出やすい

テニス肘の痛みに鍼をする理由

肘が痛む時、骨や関節が原因か?と思われがちです。ですが、先ほども述べたように実際には腕の筋肉が原因で痛みが出ていることがほとんどです。

このことから、肘の痛みに対して鍼をする理由は次の2点です。

  • 腕の筋肉が硬くなったことにより、その筋肉が付いている部分に痛みを出しているから

  • そのため、痛みの原因である腕の筋肉を施術するために鍼をするから

トリガーポイント鍼療法で曲げても動かしても大丈夫な肘へ

硬くなった筋肉原因で肘の外側が痛む場合どうすれば良いのでしょうか?

この状態に対してはトリガーポイント鍼療法という筋肉に対して行う施術があります。

この療法で筋肉を施術することにより曲げやすい肘の状態を目指します。

※施術の効果には個人差がありますので予めご了承下さい。

当院におけるテニス肘に対する施術

テニス肘の施術について説明します。

テニス肘(肘の外側の痛み)に対する施術部分

肘や腕に対して施術をします

肘の周りや、腕の筋肉の中で特に原因となっている部分に対して施術を行います。

最初は主に肘の外側周囲、腕に対して行います。

さらに、反対側も悪くなっている場合は施術を行います。

使い捨ての鍼

※当院の鍼は使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

よくあるご質問

テニス肘・ゴルフ肘の患者さんからよくあるご質問を集めてみました。

テニス肘・ゴルフ肘の方はご参考下さい。

セルフケアに関するご質問

■ご質問

病院でテニス肘と言われ、薬とサポーターのようなものを出してもらいました。

自分で出来ることとしてはどのようなことがあるでしょうか?

■当院からの回答

テニス肘の痛みは主に腕をよく使う方に見られます。

パソコンの作業が多い方、美容師さん、荷物ノ持ち運びのような作業が多い方などです。

基本的にはこういった作業を控えめにすると良いのですが、なかなかそうはいかないというのが現状かと思います。

腕の筋肉を伸ばしたり、押さえて心地よく感じる部分ならご自身で優しくマッサージすることが良いでしょう。

スポーツに関するご質問

■ご質問

肘が痛いのですが、試合が近いため練習を休めません。

どうすればいいでしょうか?

■当院からの回答

完全に休んでしまえば一時的に痛みは引くかもしれませんが、試合に出ることを優先するのであれば、可能な範囲で練習をして下さい。

練習をすれば痛みが出ると思います。

ですから、練習の量や質を半分位にして調整してみて下さい。

症状に関するご質問

■ご質問

肘だけではなく、手首も痛く感じるのですが、このようなことはあるのでしょうか?

■当院からの回答

症状の程度によっては見られる状態です。

腕の筋肉は肘から起こり、手首を通って指へ腱という組織になりつながっています。

ですから肘と手首が同時に痛くなることも珍しくはありません。

こういった状況ですと、手に力が入りにくい、缶ジュースなどを持ち上げようとして痛みが出る、手首を動かすと痛い、ということがあるかと思います。

症状は様々でも、基本的には腕の筋肉が原因で痛みが出ていることが多いです。

テニス肘の痛みでお困りの方はご予約下さい

当院にご来院されたテニス肘でお悩みの方は、サポーターをしながら痛みを我慢してきた方が多いです。

サポーター自体は悪いものではありませんが、根本的な対策をしているわけではありません。

根本的な原因への対策には、根本原因への施術が必要です。

テニス肘の痛みでお困りの方はご予約下さい。

受付時間・ご予約電話番号

受付時間・電話番号

料金・ご予約についてはこちら

アクセスマップ

地図

地図・駐車場の詳しいご案内はこちら

このページの先頭へ