施術に対する思い

三宅鍼灸院の三宅です。

鍼の施術や私自身のことなどをもっと知ってもらいたい、そして理解して欲しいという思いから色々な情報発信をしています。

今回は私の鍼の施術に対する思いや、鍼灸院を運営する鍼灸師として社会に対して出来ること、またどんなことにチャレンジしたいのかということについて書かせていただきました。

少し堅い内容かもしれませんが、私の正直な気持ちですので読んでもらえれば幸いです。

トリガーポイント鍼療法を行っている理由

トリガーポイント鍼療法

当院ではトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

なぜ、私がこの施術方法に取り組んでいるかというと、筋肉が原因の症状に対して効果的だからです。

当院にはヘルニアや坐骨神経痛などの症状でお悩みの方がご来院されるのですが、皆さん色々な病院で治療を受けておられます。

しかし現状では、多くの方は骨や神経は診てもらっていても、なぜか筋肉の状態は診てもらっていません。

体の痛みやしびれの原因は、骨や神経ばかりではなく、実は筋肉が原因のことが多いのです。

ヘルニアや坐骨神経痛だけではなく、頚椎症、腱鞘炎、五十肩、スポーツ障害なども多くの場合は筋肉に対する鍼灸治療のアプローチで解決できることが本当に多くあります。

こういった事実にも関わらず手術を勧められたり、休みなさいとだけ言われたり、次々と薬を出されたり、何本も注射をされたりというのが現代の医療。

決して手術や休むこと、薬や注射が悪いというわけではありません。

しかし、そういったことをしなくても対応出来るケースもたくさんあるのもまた事実です。

ですから、鍼の施術で解決出来る症状に対しては責任をもって全力で取り組みたいと思っております。

鍼の施術はダイエットと同じ

コミュニケーション

体に痛みやしびれがある時、誰でも一日でも早く良くなりたいと願うと思います。

仕事や家庭がある場合はなおさらそのように願うことでしょう。痛い、しびれるといった日が続くとイライラしたり、落ち込んだりしてまうかもしれません。

私も頚椎ヘルニア、坐骨神経痛、両手両足のしびれといろいろと経験しているのでよく分かります。

ただ、イライラする、不安になるという状態が続いても、決して投げやりにならないで欲しいと思います。

また、これはある程度仕方がないことかと思いますが、悪いことばかりを考えないようにもしていただきたいです。

体の症状があるとつらいのは本当に嫌です。私でもそれは同じ。ですが、症状が良くなるにはある程度の期間がかかります。

鍼の施術というのは、簡単に言うとダイエットと似ています。

ダイエットには様々な方法がありますが、結局は食事と運動をコツコツ続けた人が成果を出すことができています。

施術も同じで、施術を重ねた人は元どおりの体へ近づきます。

ですから、例え今すぐに結果が出なくてもあきらめずに元どおりの体を目指していただければと思います。

施術を受けなくても良い体へ

先ほど、施術とダイエットは似ていると書きました。では、ダイエットで理想の体重になった後に大事なことは何でしょうか?

それは、体重の維持ということ。

これは施術でも同じです。

痛みやしびれの症状がなくなったら、出来るだけその状態の維持をする。ではそのためにはどうすれば良いのか?

これも簡単です。

必要な時に必要な施術を受ければ良いというだけです。

誤解のないように書いておきますが、例えば1か月に1度といった定期的な施術が必要ということではありません。

そうではなく、出来るだけ施術を受けなくても良い体を作ることが大事なのです。

そのためにどうすれば良いのか?というと、これは個別の話しになってしまいますが、ご自身でいわゆる健康管理をしていただければ十分です。

では、それをしっかりやっていれば、二度と再発はしないのか?と言われると、それは残念ながらありません。

一度風邪をひいて、良くなったら二度と風邪をひかないか?というとそうではありません。ただ、風邪の予防はご自身でもある程度までは可能です。

痛みに関してもこれと同じ。

ですから、痛みやしびれのある状態から元どおりの体に戻れたら、出来る限り健康管理をする。しかし、それでも症状が出てきてしまったらいつでもお気軽にお越しください。

例えかなりの時間が過ぎてしまった場合でも、私はあなたにとってのかかりつけの鍼灸師でいたいと思っていますから。

健康管理は出来る限り自分でする。でも困った時はいつでも行ける鍼灸院がある。

こう考えると、ご安心いただけるのではないかと思っています。

最後に

いろいろと書かせていただきましたが、このように思って施術に取り組んでいます。

痛みやしびれは誰でもつらいです。

だからこそ、元どおりの体に戻るためにまずは施術を受けていただく。

そして、元どおりの体に戻った後は、出来るだけ施術を受けなくても良い状態をご自身で維持するよう心掛ける。

でも、また痛くなってしまったという時は、私はあなたのための鍼灸師です。

例え時間の経過があったとしても、いつでもお気軽にご来院下さい。

三宅鍼灸院

院長:三宅修平

このページの先頭へ