腰や足が痛い・しびれる時にやってはいけない5つのこと

腰や足に痛み・しびれがある。そんな時にやってはいけない5つのことと、その理由について解説します。

1 強引なストレッチ

ストレッチ

腰や足の痛み・しびれがある時に、強引なストレッチはしないでください。

腰や足の痛み・しびれの原因が、腰やお尻まわりの筋肉が固まったことで起きている場合があります。そんな時に筋肉を強く刺激し過ぎると、悪化してしまうかもしれません。

ストレッチ自体は良いことです。しかし、グイグイと力任せのストレッチは良くないということですね。

ストレッチをするなら、痛みが減ってから。そして、軽いストレッチから始めるのが良いですね。

2 体操

体操

腰や足の痛み・しびれがある時に、腰痛体操はしないでください。特に腰を反らす体操。

なぜなら、この体操は腰の筋肉への負荷が大きいからです。腰や足の痛み・しびれの原因が、腰やお尻まわりの筋肉にある場合、腰を大きく反らす体操は腰やお尻の筋肉に強い負荷がかかります。

そのため、この体操は痛み・しびれが強い時は特にしない方が良いですね。

腰痛体操を行うなら、痛みやしびれが軽減してからが良いですね。

3 筋トレ

筋トレ

腰や足の痛み・しびれがある時に、筋トレはしないでください。

特に、上の写真のようなスクワットをするのは良くありません。スクワットは腰、お尻の筋肉に大きく負荷がかかるトレーニングです。

腰やお尻の筋肉が原因で痛みやしびれが出ることがあります。その場合、スクワットによって痛み・しびれの原因になっている筋肉に大きく負荷をかけることになります。その結果、痛み・しびれが悪化したり長引く可能性もあります。

筋トレ自体は良いことです。ですが、痛みやしびれがある時に行うことではありません。

筋トレは、痛みやしびれが良くなった後に再発予防のために行ってくださいね。

4 ウォーキング

ウォーキング

腰や足の痛み・しびれがある時に、ウォーキングはしないでください。

なぜなら、腰や足の痛み・しびれの原因が、腰やお尻まわりの筋肉にある場合、歩くことで筋肉に負担がかかる結果、痛みが長引くこともあります。

歩くと楽になる、という場合もあります。ですが、それは歩くことで固まった筋肉が一時的にゆるんだだけです。そのため、結果としては一時的に少し楽になっただけで、筋肉に負担をかけたことには変わりがありません。

ウォーキング自体は悪いことではありません。ですが、痛みやしびれを治すためにすることではないのです。

ウォーキングは、痛みやしびれが良くなってからにしてくださいね。

5 楽になることでもやり過ぎてはいけない

シャワー

腰や足の痛み・しびれがある時に、たとえ楽になることであってもやり過ぎは良くありません。

例えば、お風呂に入ると楽になる場合でも、必要以上に長湯するのは良くありません。これと同じように、家庭用の電気治療器や自分で行うマッサージでも同じです。楽になるのは良いことです。

ですが、やり過ぎると後から痛みが増すこともあるということを忘れないでくださいね。

セルフケアをすることは構いません。ですが、楽になる場合でも過度になると逆効果の場合もありますからご注意ください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した5つの項目は、どれも悪いことではありません。ですが、痛みやしびれがある時に取り組むことではないのです。

紹介した5つ以外でも、悪化につながるようなことはあります。もし、今ご自身が取り組んでいることで「これはどうなのかな?」と迷うことがあったらLINEのトークからご質問くださいね。

このレポートが、読んでくださったあなたの参考になれば幸いです。