野球肘で肘を曲げると内側が痛む方へのトリガーポイント鍼灸

野球肘

野球肘になり、肘を曲げると内側が痛む。

湿布やサポーターでも痛む方に知って欲しいポイントをお伝えします。

野球肘の痛みは肘の骨が原因ではありません

  • 肘を曲げると内側が痛む
  • 荷物を持つ時に肘の内側に痛みがはしる
  • 顔を洗う時に肘の内側が痛む

こういう状態は、肘の骨ではなく腕の筋肉に原因があります。

骨折や捻挫などがなければ、筋肉が固まったため痛みが出ている状態です。

骨に痛みを感じても原因は筋肉にある

野球肘の痛みは、レントゲンで骨・関節に問題がなければ腕の筋肉が原因です。

肘の内側にある骨に痛みを感じることが多いと思います。そのため、骨が原因と思いがち。

ですが、腕の筋肉が骨にまとまって付いている部分が痛みを出しているのです。

筋肉が原因なら湿布を貼っても痛むのはなぜ?

肘の内側の痛みの原因が、腕の筋肉にある。この場合、湿布を貼っても痛むことが多いです。

なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。つまり、炎症による痛みには有効。

しかし、筋肉が原因の痛みは、炎症とは関係がありません。そのため、湿布を貼っても痛むのです。

筋肉が原因ならサポーターは?

野球肘の痛みの原因が、筋肉にあるならサポーターはどうかと思うかもしれません。

サポーターをしてみて、楽なら使う、変わらないなら使わないで構いません。

サポーターは補助具。ですから、使ってみての判断で良いということになります。

野球肘で肘の内側が痛む時に必要なこと

野球肘になり、肘の内側が痛む。この場合に必要なのは、固まった筋肉がゆるむことです。

骨や関節に異常がない、でも肘を曲げたり力を入れると痛む。これは、筋肉が固まったため痛みが出ている証拠。

そのため、湿布やサポーターではなく、固まった筋肉への対策が必要なのです。

ご来院された方のご感想

当院にご来院された方のご感想はこちらからどうぞ

こんな時に痛みが出るなら腕の筋肉が原因です -チェックリスト-

野球肘の原因が、腕の筋肉が固まったことにある時の特徴をあげます。

肘の内側の痛み
  • 肘を曲げると内側が痛む
  • 顔を洗う時に肘の内側が痛む
  • 手に力を入れると肘の内側が痛む
  • 荷物を持つと肘の内側が痛む
  • ボールを投げると肘の内側に痛みが出る
  • 朝起きた直後に肘の内側が強く痛む
  • タオルを絞る時に肘の内側が痛む

他にも考えられる状況はありますが、こういった時に肘の内側が痛むなら原因は腕の筋肉にあります。

野球肘の原因になりやすい筋肉

腕の筋肉が固まって肘に痛みが出ている。その場合、主にどの辺りが原因になりやすいかを解説します。

野球肘の原因になる筋肉

腕の筋肉が原因で痛みが出る

肘の内側にバツ印を、そして腕に赤い印を付けています。

赤い印の部分にある筋肉が固まってしまうと、肘の内側にあるバツ印の部分に痛みが出るようになります。

野球肘に鍼をする理由

野球肘で肘の内側が痛む。その原因が固まった腕の筋肉にある場合、筋肉への対策が必要。

このことから、筋肉が原因の野球に鍼をする理由は2つです。

  • 野球肘で肘の内側が痛む場合、原因は固まった腕の筋肉にある
  • その筋肉に対して、鍼なら直接施術をすることが可能だから

野球肘に対するトリガーポイント鍼療法

当院では、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。

野球肘で肘の内側が痛む場合も、腕の筋肉が原因なら施術の対象になります。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

トリガーポイント鍼療法による主な施術部分

トリガーポイント鍼療法による、野球肘の主な施術部分を解説します。

赤い丸を付けている場所が、主に施術をする部分です。

野球肘の主な施術部分

腕、肘の内側周りを施術します

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

野球肘の施術例 -あなたの状態と比べてみてください-

当院における野球肘の施術例です。

ご自身の状態と比較して、参考にしてみてください。

施術例:肘を曲げると肘の内側が痛む(Fさん)

Fさんは野球肘になり、肘の内側に痛みがありました。

痛みを我慢していたが、なかなか治まらないためご来院(写真はイメージです)。

Fさんの症状

肘の内側周囲の痛み

施術内容

Fさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 腕の筋肉
  • 肘の内側周囲

腕にある複数の筋肉と、肘の関節周囲の筋肉が固まっていたため施術を行った。

よくあるご質問

野球肘について、よくあるご質問をまとめましたのでご参考ください。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

野球肘で肘が痛みます。何回で治りますか?

■当院からの回答

施術の回数に関しては、個人差があるため一概に何回とお答えすることはできません。

あえて言うなら、1回で完全に良くなることはないと思います。

一定の間隔で、施術を続けて受けていただく必要がありますので予めご了承ください。

湿布に関するご質問

■ご質問

肘の内側が痛みます。

湿布を貼っても大丈夫でしょうか?

■当院からの回答

一度湿布を貼ってみて、楽になるならしばらく貼ってみてください。

湿布は炎症が原因の痛みには有効です。しかし、筋肉が原因なら効果は低いでしょう。

湿布が効く場合でも、かぶれやすい方はご注意ください。

筋トレに関するご質問

■ご質問

野球肘になり、肘の内側が痛みます。

筋トレで鍛えれば良くなるでしょうか?

■当院からの回答

鍛えることと治ることは別とお考えください。

痛みがある時に、必要以上に筋肉に負担をかけると痛みが悪化したり長引くことがあります。

ですから、肘の内側が痛む時は、まず筋肉の状態を良くすることを優先してください。

野球肘の施術をご希望ならご予約ください

野球肘になり、肘の内側が痛む。湿布を貼ったり、サポーターをしても、日常のちょっとした動作で痛みが出て困る。

こういう痛みは、肘の内側で少し出っ張った骨の辺りに感じることが多いです。そのため、骨が原因かと思ってしまいがち。

しかし、肘の内側で痛みが出る部分には、腕にある複数の筋肉が付いています。つまり、負担がかかりやすい部分ということ。

そのため、手に力を入れたり、肘を曲げる、荷物を持つなどの動作で痛みが出るのです。

そして、こういった動作に伴う痛みは筋肉が原因。筋肉が原因の痛みに必要なことは、湿布などの消炎鎮痛剤ではなく筋肉がゆるむこと。

そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法です。

肘の内側に痛みがあり、湿布を貼ったりサポーターをしても痛いまま。そんな状態が続いている方は、一度トリガーポイント鍼療法をお試しください。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926