頚椎ヘルニアで上を向くと痛む方へのトリガーポイント鍼灸

上を向くと痛い

頚椎ヘルニアになりこんな状態でお困りではありませんか?

  • うがいをする時に、上を向くと首や肩、背中や腕が痛む
  • ロキソニン・リリカといった痛み止めが効かない
  • 二の腕がズキズキ痛むし、手や指先がビリビリしびれる

このような場合、痛みやしびれの原因は神経とは限りません。

そう言える理由を説明します。

神経圧迫が原因の頚椎ヘルニアは実は少ない

頚椎ヘルニアの痛みやしびれの原因で考えられるのは次の3つ。

  1. 神経圧迫
  2. 固まった筋肉
  3. 炎症

3つのうち最も多いのは、固まった筋肉が原因の場合です。

筋肉が原因の場合が多いと言える理由

神経圧迫が原因なら、排泄に障害が出る膀胱直腸障害のような重い症状が出ます。

また、痛みやしびれを時にはあまり感じないこともあるなら筋肉が原因と考えることができます。

なぜなら、神経圧迫の状態は変わりません。それなのに、痛みやしびれの状態が変化する。これは、神経圧迫が原因ではないからです。

筋肉が原因の場合どうなる?

バツ印の部分にある筋肉が固まると、赤い印の部分に痛みやしびれが出ることが多いです。

首や肩の筋肉が原因の場合

原因になる筋肉と症状の出やすい部分1

首・肩の筋肉が原因で背中や腕が痛くなる

上を向いたり、首を回して痛む。そんな時は、首や肩の筋肉が原因です。

肩甲骨周りの筋肉が原因の場合

原因になる筋肉と症状の出やすい部分2

肩甲骨周りの筋肉が原因で腕に症状が出る

肩を回したり、腕を真横に上げると痛みやしびれが出る。その場合は、肩甲骨周りの筋肉が原因と考えられます。

首の前・鎖骨の下・腕の付け根の筋肉が原因の場合

原因になる筋肉と症状の出やすい部分3

首の前などの筋肉が原因で症状が出る

首を横に倒す、腕を前や横に上げる。この動作で痛みやしびれが出るなら、バツ印の部分の筋肉が原因です。

筋肉が原因の痛み・しびれに鍼をする2つの理由

  • 頚椎ヘルニアの痛みやしびれは、固まった筋肉に原因があることが多い
  • 筋肉が原因なら、鍼でその筋肉を施術することが可能だから

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼です

よくあるご質問

頚椎ヘルニアに関して、よくいただくご質問をまとめました。

鍼の施術に関するご質問

■ご質問

病院で頚椎ヘルニアと診断されました。鍼をすれば良くなりますか?

■当院からの回答

良くなるかどうかは、実際にお体を拝見してみないとお答えできません。

ただ、膀胱直腸障害や麻痺といった重度の症状がなければ、施術をすることは可能です。

施術の回数に関するご質問

■ご質問

1回の施術で良くなりますか?

■当院からの回答

1回の施術で、完全に良くなることはないでしょう。

施術を重ねていただく必要があります。また、回数については、個人差があります。

鍼を受けて良いかどうかに関するご質問

■ご質問

頚椎ヘルニアの手術を受けましたが、症状が良くなりません。

このような状態でも、鍼の施術を受けることはできますか?

■当院からの回答

基本的に大丈夫です。

ただし、手術前と手術後の状態により、施術ができないこともありますのでご了承ください。

頚椎ヘルニアの施術をご希望の方へ

頚椎ヘルニアのつらさは、私自信が経験していますのでよく分かります。

薬もリハビリも効果がなく不安でした。ですが、手術はしたくありませんでした。

そこで、鍼を選択。その結果、痛みやしびれに悩まない今の状態があります。

自分自身の経験があるからこそ、同じ症状でお困りの方には回復して欲しいと強く思います。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926