頚椎ヘルニアで上を向くと首や肩・腕が痛む方への鍼灸

頚椎ヘルニア

上を向くと痛い、痛み止めも注射も効かない。

そんな方が、スムーズに上を向けるようになるために必要なことをお伝えします。

頚椎ヘルニアになりこんな状態でお困りではありませんか?

  • うがいをする時に、上を向くと肩や腕が痛む
  • ロキソニン・リリカといった痛み止めが効かない
  • 手や指先がビリビリしびれる

このような状態から、スムーズに上を向けるようになるためには、固まった筋肉がゆるむことが必要です。

神経圧迫が原因の頚椎ヘルニアは実は少ない

頚椎ヘルニアの痛みやしびれの原因で、考えられるのは次の3つ。

  1. 神経圧迫
  2. 固まった筋肉
  3. 炎症

これらで最も多いのは、固まった筋肉が原因の場合です。

MRIで、神経圧迫の状態が写っていた。そんな場合でも、実は神経が原因のことは少ないのです。

筋肉が原因の場合が多いと言える理由

神経圧迫が原因なら、かなり重い症状が出ます。例えば、排泄に障害が出る膀胱直腸障害。または、麻痺です。

また、痛みやしびれに強弱があり、時にはあまり感じないこともある。これは、筋肉に原因がある証拠。

なぜなら、神経圧迫の状態は変わりません。それなのに、痛みやしびれの状態が変化する。これは、神経圧迫が原因ではないからです。

手術になるかもと言われていたTさん

Tさんは、病院で神経圧迫が原因のため、手術になるかもしれないと言われていました。

しかし、実際には神経圧迫ではなく、筋肉が原因だったので手術はせずにすみました。

Oさんのご感想

治療の度に症状が軽減していくのが感じられました(一部抜粋)。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

こんな場合は炎症が原因

夜間に、ズキズキとうずく痛みで目が覚める。この場合は、炎症が原因の可能性があります。

炎症が原因の痛みには、消炎鎮痛剤が必要です(薬に関しては医師に相談してください)。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれに必要なこと

頚椎ヘルニアで、痛みやしびれの症状がある。でも、膀胱直腸障害などの重い症状はない。

この場合に必要なことは、固まった筋肉が緩むことです。

では、筋肉が原因なのはどんな時か?続けて説明します。

こんな時に痛みやしびれが出るなら筋肉が原因 -チェックリスト-

頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニアで、固まった筋肉が原因と考えられる場合の特徴をあげます。

  • 上を向くと、首や肩・背中が痛むのでうがいができない
  • 首を回したり、横に倒すと痛みやしびれが出る
  • 二の腕、肘、手、指がビリビリしびれる
  • 肩甲骨からワキにかけて痛むことがある
  • 手に何となく力が入りにくい
  • 仰向けで寝ると痛む
  • デスクワークでだんだん痛みやしびれが出てくる

他にもありますが、上記のような状態なら、固まった筋肉が原因と考えられます。

痛みやしびれの原因になりやすいのはどこ?

固まった筋肉が原因で、痛みやしびれが出ている。この場合、どこの筋肉が原因になりやすいのかを写真で解説します。

首や肩の筋肉

原因になる筋肉と症状の出やすい部分1

首・肩の筋肉が原因で背中や腕に症状が出る

バツ印の部分にある筋肉が固まると、赤い印の部分に痛みやしびれが出やすくなります。

上を向いたり、首を回して痛む。そんな時は、首や肩の筋肉が原因です。

肩甲骨周りの筋肉

原因になる筋肉と症状の出やすい部分2

肩甲骨周りの筋肉が原因で腕に症状が出る

肩甲骨周りの筋肉が原因で、腕の痛みや指のしびれが出ることがあります。

肩を回したり、腕を真横に上げると痛みやしびれが出る。その場合は、肩甲骨周りの筋肉が原因と考えられます。

首の前・鎖骨の下・腕の付け根の筋肉

原因になる筋肉と症状の出やすい部分3

首の前などの筋肉が原因で症状が出る

首の前、鎖骨の下、腕の付け根の筋肉が原因になることも多いです。

首を横に倒す、腕を前や横に上げる。この動作で痛みやしびれが出るなら、バツ印の部分の筋肉が原因です。

筋肉が原因の痛み・しびれに鍼をする2つの理由

先ほど解説した、固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている。この場合には、筋肉の状態が良くなることが必要です。

このことから、頚椎ヘルニアに対して鍼の施術をする理由は次の2つ。

  • 頚椎ヘルニアの痛みやしびれは、固まった筋肉に原因があることが多い
  • 筋肉が原因なら、鍼でその筋肉を施術することが可能だから

頚椎ヘルニアに対するトリガーポイント鍼療法

当院では、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。固まって、痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。

頚椎ヘルニアでも、筋肉に原因がある痛みやしびれなら施術が可能です。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

トリガーポイント鍼療法による主な施術部分

頚椎ヘルニアに対して、トリガーポイント鍼療法による主な施術部分を説明します。

赤い丸を付けている場所が、主に施術をする部分です。

頚椎ヘルニアの施術部分1

首や肩、背中に施術をします

頚椎ヘルニアの施術部分2

鎖骨の下、腕の付け根に施術をします

主な施術部分は、首や肩、背中です。

また、鎖骨の下や腕の付け根を施術することもあります。

首の前には、細い筋肉があります。この筋肉が、痛みやしびれの原因になっている方は多いです。

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼です

頚椎ヘルニアの施術例 -あなたの症状と比べてみてください-

頚椎ヘルニアの施術例を紹介します。

ご自身の症状と比較して、参考にしてみてください。

施術例1:二の腕の強烈な痛みと手のしびれ(Tさん)

Tさんは、頚椎ヘルニアになり、痛みとしびれで夜も眠れない状態でした。手術はしたくないとのことでご来院。

ご来院時の状態

二の腕に強烈な痛みがあり、腕や手先のしびれも強い。首、肩、背中にも痛みがある。

痛みのため、首を動かすことも困難な状態(写真はイメージです)。

Tさんの症状1

首、肩、背中に痛みがあり、首を動かしづらい

Tさんの症状2

肩の前、二の腕に強烈な痛み

施術内容

Tさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 首、肩周り
  • 背中、肩甲骨周り
  • 首の前

特に、首の前の筋肉が、二の腕の痛みの原因になっていたため施術。

施術経過

首、肩周りの施術により、徐々に首を動かせるようになっていった。

二の腕の強烈な痛みと、手のしびれは、首の前の筋肉が原因だったため繰り返し施術。

症状の軽減に伴い、週2回ペースの施術を1回にする。最終的に痛み・しびれが治まったため終了となった。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

Tさんのご感想

Tさんのご感想

初めての鍼でしたが、痛みが本当に治るならと思い治療を始めました。

施術を重ね痛みが少なくなり、だんだん楽になっていきました。先生を信じて治療して本当に良かったです。

笑顔が戻りました。ありがとうございました。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術例2:左肩から腕にかけての痛みとしびれ(Tさん)

Tさんは、病院で手術になるかもしれないと言われていました。しかし、手術はできればしたくないとのことでご来院。

ご来院時の状態

左の肩や、肩甲骨周りから腕にかけての痛みやしびれ。特にしびれが強い。

デスクワークをしていると、徐々に痛みやしびれが出てくる。また、上を向くと腕の痛みやしびれが強くなる状態(写真はイメージです)。

Oさんの症状1

首、肩に痛みがあり、上を向くと痛む状態

Oさんの症状2

腕、ひじ、手先にしびれがある状態

施術内容

Tさんに対して施術を行ったのは、以下の部分です。

  • 首、肩、肩甲骨周り
  • 首の前
  • 鎖骨の下、腕の付け根

こういった部分にある筋肉が、かなり固まって痛みやしびれの原因になっていたため施術。

施術経過

上を向くと、左肩から腕が痛む状態だったので、首、肩、背中、首の前を施術。

その後、まず上を向いた時の痛みが減少。また、横向きで寝ても痛みが出にくくなった。

施術を重ね、首や背中の筋肉の状態は良くなった。しかし、腕の痛みとしびれが残っていたため、鎖骨の下や腕の付け根を施術。

その結果、しびれが減少していき、最終的に治まったので施術終了とした。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

Tさんのご感想

Oさんのご感想

施術の度に、症状が軽減していくのが感じられました。

整形外科では手術になるかもしれないと言われていましたが、三宅先生が最初の問診時に「切らなくても大丈夫です!」と断言してくれたのでそれを信じて1か月。

まさに、信じる者は救われるでした。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術例3:左首から肩にかけての痛み、左指先のしびれ(Kさん)

Kさんは、首、肩の痛みと指先のしびれがありました。病院で、ひどくなるなら手術と言われていた状態でご来院。

ご来院時の状態

上を向くと、首や肩に痛みが出る。また、首を左右に回すと、指先がビリビリする状態。

痛み、しびれに加え、握力も落ちた気がするとのことだった(写真はイメージです)。

Kさんの症状1

首、肩が痛み、上を向くと手がしびれる状態

Kさんの症状2

腕の痛みと指先がしびれていた

施術内容

Kさんに対して施術を行ったのは、以下の部分です。

  • 首、肩、背中
  • 首の前
  • 鎖骨の下、腕の付け根

これらの筋肉が、かなり固まり痛み・しびれの原因になっていたため施術。

施術経過

首の動きが悪かったが、初回から約2週間後に動きやすくなる。

その後、施術を重ねる度にしびれが減少。ただ、仕事で疲れた日は、しびれが増すこともあった。

さらに施術を続け、首の動き、指先のしびれが治まったため終了とした。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

Kさんのご感想

Kさんのご感想

整形外科でひどくなるようなら手術と言われ、とにかく不安で不安でたまりませんでした。

ホームページや先生のブログを見て、実際に先生の施術を受け、体も心もすごく楽になりました。

いつも不安に思うことを聞いて下さったりと、自分の場合は、メンタル面の治療もしていただいた感じです。感謝です。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

よくあるご質問

頚椎ヘルニアに関して、よくいただくご質問をまとめました。

鍼の施術に関するご質問

■ご質問

病院で頚椎ヘルニアと診断されました。鍼をすれば良くなりますか?

■当院からの回答

良くなるかどうかは、実際にお体を拝見してみないとお答えできません。

ただ、膀胱直腸障害や麻痺といった重度の症状がなければ、施術をすることは可能です。

施術の回数に関するご質問

■ご質問

1回の施術で良くなりますか?

■当院からの回答

1回の施術で、完全に良くなることはないでしょう。

回復するためには、施術を重ねていただく必要があります。また、回数については、個人差があります。

鍼を受けて良いかどうかに関するご質問

■ご質問

頚椎ヘルニアの手術を受けましたが、症状が良くなりません。

このような状態でも、鍼の施術を受けることはできますか?

■当院からの回答

基本的に大丈夫です。

ただし、手術前と手術後の状態により、施術ができないこともありますのでご了承ください。

頚椎ヘルニアの施術をご希望の方はご予約ください

頚椎ヘルニアのつらさは、私自信が経験していますのでよく分かります。

私もMRIの検査を受け、神経圧迫が原因と言われました。そして、リハビリや薬でも良くなりませんでした。

そんな状態のため、不安でしたが手術はしたくありませんでした。

そこで、鍼を選択。その結果、仕事やスポーツをしても、痛みやしびれに悩まない今の状態があります。

自分自身の経験があるからこそ、同じ症状でお困りの方には回復して欲しいと強く思います。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926