頚椎症による手のしびれや腕の痛みに対するトリガーポイント鍼灸

頚椎症

上を向くと、手がしびれたり腕が痛む。

そんな手のしびれや腕の痛みに必要なことと、対策のポイントをお伝えします。

頚椎の変形だけが原因ではありません

  • 上を向くと、首や肩、腕や背中が痛む
  • 痛み止めを飲んでも変わらない
  • 手のひらや指先がしびれる

こういう状態は、頚椎の変形による神経圧迫が原因ではありません。

頚椎症の痛みやしびれは筋肉に原因がある

頚椎症の痛みやしびれは、首の骨の変形による神経圧迫ではなく筋肉に原因があります。

頚椎の間隔が狭いとか、変形しているのは関係ないことがほとんど。

つまり、変形は変形しているだけで、痛みやしびれとは関係がないことが多いのです。

筋肉に原因があると言える3つの理由

頚椎症の痛みやしびれは、神経圧迫ではなく筋肉に原因があることが多いです。

その理由は、主に次の3つ。

1 頚椎の間隔が狭くても関係ない

頚椎の間隔が狭くなっていても、痛みやしびれなどが全くない方もいます。

例えば、高齢の方で頚椎の間隔が狭くなっている方は多いです。ですが、その全員に、頚椎症の症状が出ているわけではありません。

2 時には痛みを感じないことがある

頚椎症の方で、時には痛みを感じないことがあるなら、筋肉が原因と言えます。

頚椎の変形による神経圧迫の状態は変わりません。それなのに、痛みを感じないことが短時間でもある。

これは、神経圧迫が原因ではないからです。

3 動作に伴う症状は筋肉が原因

上を向くと、首や肩、そして腕や背中も痛む。これは、固まった筋肉を使ったため出る痛み。

こういった、動作に伴う痛みは、筋肉が原因の証拠です。

頚椎症で痛みとしびれがあった磯部さん

磯部さんは頚椎症になり、しびれや腕の痛み、さらには手の脱力感がありました。

ですが、元通りの状態に戻りました。

磯部さんのご感想

症状も出なくなり先生に感謝しています。ありがとうございます(一部抜粋)。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

頚椎症による痛みやしびれに必要なこと

頚椎症で、腕が痛くて手もしびれている。そして、その原因が筋肉にある。

この状態に必要なことは、固まって症状の原因になっている筋肉がゆるむことです。

では、どういう時が筋肉に原因があると言えるのか?特徴のチェックリストをご覧ください。

こんな時に痛みやしびれが出るなら筋肉が原因 -チェックリスト-

肩の痛み

頚椎症で、筋肉に原因がある状態の特徴です。ご自身の状態を比べてみてください。

  • 上を向くと、首や肩、背中が痛む
  • 腕を正面に上げていると手がしびれてくる
  • 腕を真横に上げていると手がしびれてくる
  • 仰向けに寝ると首が痛くてつらい
  • 手を横に下げていると指先がしびれる
  • 二の腕がしめつけられるように痛くなることがある
  • 朝起きた時に腕の痛みや手のしびれが強い

これらの他にも考えられる状態はありますが、上記のような状態なら筋肉に原因がある頚椎症です。

痛みやしびれの原因になりやすい筋肉

頚椎症と言われた場合でも、原因が筋肉にある。その場合は、どの筋肉が原因になりやすいかを解説します。

首・肩周りの筋肉

原因になる筋肉と症状の出やすい部分1

首・肩周りの筋肉が原因で痛みやしびれが出る

バツ印の部分にある筋肉が原因で、赤い印の部分に痛みやしびれが出やすくなります。

上を向くと、首や肩、背中が痛む。そんな時は、首や肩の筋肉が原因です。

首の前・胸の筋肉

原因になる筋肉と症状の出やすい部分2

首の前や胸の筋肉が原因で痛みやしびれが出る

首の前や胸の筋肉が原因で、腕や手に痛み・しびれが出ることも多いです。

首を横に倒す、腕を前や横に上げる。この動作で痛みやしびれが出るなら、バツ印の部分の筋肉が原因です。

なぜ、筋肉が原因の頚椎症に鍼をするのか?

頚椎症で、筋肉が原因の痛みやしびれが出ている。この場合には、固まった筋肉の状態がゆるむことが必要です。

このことから、頚椎症に対して鍼の施術をする理由は次の2つ。

  • 頚椎の変形があっても、痛みやしびれは筋肉に原因があることが多い
  • 筋肉が原因の痛みやしびれなら、鍼で筋肉を施術することができるから

頚椎症に対するトリガーポイント鍼療法

当院では、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。痛みやしびれの原因になっている筋肉に鍼の施術する方法です。

頚椎症で首の骨に変形がある場合でも、痛みやしびれの原因が筋肉なら施術ができます。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

トリガーポイント鍼療法による主な施術部分

頚椎症に対して、トリガーポイント鍼療法による主な施術部分を説明します。

赤い丸を付けている場所が、主に施術をする部分です。

主な施術部分1

首・肩・背中・肩甲骨周囲に施術します

主な施術部分2

鎖骨の下、腕の付け根に施術をします

主な施術部分は、首や肩、肩甲骨周りです。

また、鎖骨の下や腕の付け根を施術することも多いです。

首の前の筋肉が原因で、痛みやしびれが腕や手先に出ている方は多いです。

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼です

頚椎症の施術例 -あなたの状態と比較してみてください-

頚椎症の施術例を紹介します。

ご自身の状態と比較してみてください。

施術例1:肩や腕のしびれと締め付けられるような痛み(磯部さん)

磯部さんは頚椎症と言われ、肩や腕に痛みとしびれがありました。薬では治まらなかったためご来院。

ご来院時の状態

首を動かすと、肩や腕に痛みとしびれが強く出る状態。特に、二の腕がしめつけられるように痛みがあった。

また、痛みとしびれのため、手の力が少し入りにくい状態(写真はイメージです)。

磯部さんの症状

首・肩から二の腕にかけての痛みとしびれ

施術内容

磯部さんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 首、肩周り
  • 背中、肩甲骨周り
  • 首の前

特に、首の前の筋肉が、二の腕の痛みやしびれの原因になっていたため重点的に施術。

施術経過

首、肩周囲への施術で、少しずつ上を向いたり首を回しても痛みやしびれが出なくなっていった。

二の腕の締め付けられるような痛みと、弱くなった握力は、痛みやしびれの減少に伴い元の状態に。

首の動き、二の腕の痛み、握力等が元に戻ったため施術終了となった。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

磯部さんのご感想

磯部さんのご感想

以前足が痛かった時も治療をしてもらっていましたので、今回も迷わず鍼治療で良くなると思い、治療を受けました。

シビレの回数も少なくなってきて、症状も軽くなってきました。ほとんど症状も出なくなり、先生に感謝してます。ありがとうございます。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術例2:手のしびれ(Tさん)

Tさんは頚椎症と言われ、手のひらや指先にしびれがありご来院。

ご来院時の状態

上を向いてしばらくすると、手のひらや指先がしびれる状態。

また、前腕にもややしびれがある状態だった(写真はイメージです)。

Tさんの症状

手のひらや指先、腕のしびれ

施術内容

Tさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 首、肩周り
  • 首の前

上を向く時に動く首の後ろの筋肉が、しびれの原因になっていたため重点的に施術。

施術経過

首の後ろにある、上を向く時に動く筋肉が特に固まってしびれの原因になっていた。

そのため、首の後ろから肩にかけての筋肉を重点的に施術。その結果、上を向いてもしびれが出にくくなった。

施術を継続し、上を向いても手のひら、指、腕にしびれが出なくなったため施術終了となった。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

Tさんのご感想

Tさんのご感想

針の痛みは全くなく、治療自体は快適でその日の反動も少なかった。何度か治療を受けて少しずつ手のしびれがなくなり回復も早かった。

ほぼ以前と同じ日常生活と、運動もできるようになった。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術例3:腕と肩甲骨周りの痛み・しびれ(Sさん)

Sさんは頚椎症と言われ、二の腕の痛みやしびれ、肩甲骨周りの痛みがありご来院。

ご来院時の状態

二の腕に強い痛みとしびれ、さらに、肩甲骨周りにも強い痛みがあった。ロキソニンは全く効かない状態。

下を向いたり(うつむく)、首を真横に倒すと腕に痛みがはしる。

また、痛みのため仰向けになれない状態(写真はイメージです)。

Sさんの症状

二の腕の痛み・しびれ、肩甲骨周りの痛み

施術内容

Sさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 首、肩
  • 肩甲骨周囲
  • 首の前

下を向く(うつむく)時に動く首から肩にかけての筋肉が、痛みやしびれの原因になっていたため施術。

施術経過

二の腕の痛みとしびれが強く、横向きでしか寝れない状態だったため、首や肩周りを施術。

施術を重ねると、だんだん横向きで寝ても痛みやしびれが出なくなっていった。

最終的に、首を動かしても、どのような向きで寝ても大丈夫になったため施術終了となった。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

よくあるご質問

頚椎症に関して、よくいただくご質問をまとめました。

鍼の施術に関するご質問

■ご質問

頚椎症と診断されました。首の骨の間隔が狭いと言われたのですが、鍼をしてもうらことはできますか?

■当院からの回答

首の骨の間隔が狭い場合でも、痛みやしびれの原因は筋肉にあることが多いです。

お体の状態が、筋肉に原因があるようなら施術をすることは可能です。

鍼の効果に関するご質問

■ご質問

レントゲンを撮り、頚椎症と言われました。鍼をすれば良くなりますか?

■当院からの回答

良くなるかどうかは、実際に施術をしてみなければ分からないというのが正直なお返事になります。

ただ、薬が効かない場合でも、筋肉に原因があるなら施術をすることが可能です。

通院するペースに関するご質問

■ご質問

頚椎症で腕に痛みやしびれがあります。どれくらいの間隔で通うのが良いですか?

■当院からの回答

痛みやしびれの状態にもよって異なります。

基本的には、最初の2週間は週2回程度。その後は、状態に応じて週1回程度のペースが適切な方が多いです。

頚椎症の施術をご希望の方はご予約ください

首の骨が変形しているとか、頚椎の5番と6番の間隔が狭くなっている。そのため、痛みやしびれが出ている。

レントゲンなどの検査を受け、こう言われた方は多いと思います。

ですが、変形や間隔が狭くなっている状態でも、実際には固まった筋肉に原因がある方は多いです。

本当に神経が原因なら、リリカなどの痛み止めが効くはず。しかし、効かないのは筋肉が原因だから。

神経に対しての薬であるリリカは、筋肉が原因の症状には効かないのです。

そして、筋肉が原因なら、筋肉がゆるむことが必要。そのための施術を行っています。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926