膝に水がたまり痛む方へのトリガーポイント鍼灸

膝の水

膝に水がたまり腫れて痛い。

歩いたり、曲げたり伸ばしたりする時も痛む。そんな状態に大切なポイントをお伝えします。

膝に水がたまった方に知って欲しいこと

  • 膝に水がたって腫れている
  • 膝を曲げ伸しすると痛い
  • 歩くと痛いし腫れてくる

この状態に必要なのは、たまった水と筋肉への対策です。

膝に水がたまった時に必要な2つのこと

膝に水がたまり腫れて痛む場合に必要なのは次の2つ。

  1. 病院で水を抜いてもらうこと
  2. 筋肉をゆるめること

水を抜くことが腫れの対策。そして、筋肉をゆるめることが痛みの対策です。

膝の水や痛みの原因になりやすい筋肉

バツ印の部分が悪くなると、赤い印の部分に痛みが出ることが多いです。

太ももの筋肉が原因の場合

原因になりやすい筋肉

太ももの筋肉が痛みの原因になる

歩くと痛い、曲げ伸ばしが痛い、深くしゃがめない。そんな時は、この筋肉が原因と考えられます。

膝の筋肉や靱帯が原因の場合

膝の内側の筋肉と膝蓋靱帯

膝の筋肉や靱帯が痛みの原因なる

膝を曲げ伸ばしすると痛い、深くしゃがめない。そんな場合は、この筋肉や靭帯が原因と考えられます。

膝の裏側の筋肉

膝の裏側の筋肉

膝の裏側の筋肉が痛みの原因になる

膝を深く曲げると、膝の裏側で奥の方が痛む。そんな場合は、膝の裏側にある筋肉が原因になっていることが多いです。

膝に水がたまり痛みがある場合に鍼をする理由

  • 膝が腫れたり痛む場合、原因の多くは炎症と固まった筋肉にある
  • 固まった筋肉に対して、鍼なら直接施術をすることが可能だから

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

膝の水に伴う痛みの施術例

Kさんは、膝に水がたまり、歩くと痛む状態でした。

水を抜いたり、ヒアルロン酸の注射をしても変わらないためご来院(写真はイメージ)。

Kさんの状態

膝に水がたまり痛みがある状態

施術内容

Kさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 太ももの前・内・外
  • 膝の内側
  • 膝下の靱帯

膝の内側の筋肉が主に痛みの原因になっていたため、集中的に施術を行った。

よくあるご質問

膝の水に伴う腫れや痛みについて、よくあるご質問をまとめました。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

膝に水がたまって痛みます。1回で水がたまらなくなりますか?

■当院からの回答

1回の施術のみで完全に回復することはないと思います。

また、膝にたまった水に関しては、病院で抜いてもらう必要があります。

歩いて良いかに関するご質問

■ご質問

膝に水がたまり、腫れと痛みがあります。

歩かない方がいいですか?

■当院からの回答

必要以上に歩かない方がいいです。

できる限り歩くことは控えてください。

サポーターに関するご質問

■ご質問

膝に水がたまり、痛みもあります。

サポーターをした方が良いですか?

■当院からの回答

膝のサポーターに関しては、一度着けてみて判断してください。

楽なら着ける、変わらないならむしろ不要です。

膝の施術をご希望ならご予約ください

膝に水がたまり、腫れと痛みがあるため、歩くのもつらい。

この場合、大切なのは水がたまらない膝の状態に戻すことです。

膝に水がたまってお困りなら、一度トリガーポイントの施術をお試しください。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926