膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)で歩くと膝が痛む方へのトリガーポイント鍼灸

膝の痛み

歩くと膝のお皿の下が痛む。こういう痛みは膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)と言います。

その状態から、歩いても大丈夫になるために必要なポイントをお伝えします。

名古屋市内でジャンパー膝のトリガーポイント鍼灸をご希望の方は続きをどうぞ。

膝蓋靱帯炎は靱帯と筋肉に原因がある

  • 歩くとお皿の下が痛くなる
  • しゃがむと膝に痛みが出る
  • ランニングで膝が痛む

こういう時に膝のお皿の下が痛むなら、原因は関節ではなく靱帯と筋肉にあります。

靱帯や筋肉は固まると痛みの原因になる

靱帯や筋肉は、疲労が重なると柔軟性を失い固まってしまいます。

靱帯や筋肉が固まった結果の痛みは、動作や特定の姿勢に伴って出るのが特徴。

歩いたり、立ったままでいると痛くなる。そんな場合は、靱帯と筋肉に原因があります。

関節や軟骨は関係ないのか?

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の痛みは、膝の関節や軟骨も原因では?と思うかもしれません。ですが、ほとんどの場合で、関節や軟骨は関係ありません。

例えば、レントゲンで関節が狭いとか軟骨がすり減っている状態が写っていてもです。

関節・軟骨が原因なら常に痛みが出ます。ですが、実際には痛い時・痛くない時があるはず。そういう場合は、靱帯・筋肉が原因なのです。

靱帯・筋肉が原因の痛みに必要なこと

固まった靱帯・筋肉が原因で膝が痛む時に必要なのは、その靱帯や筋肉がゆるむこと。

筋トレで、太ももの前の筋肉を鍛えることではありません。鍛えるのは良くなってから。

靱帯・筋肉の状態が良くなることが、スムーズな動作につながるのです。

ご来院された方のご感想

当院にご来院された方のご感想はこちらからどうぞ

こんな時に痛むなら靱帯・筋肉に原因がある -チェックリスト-

膝の痛み

固まった靱帯や筋肉が原因で、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)になっている。その場合の特徴をあげます。

  • 歩くと膝のお皿の下が痛くなる
  • 走るとだんだん膝に痛みが出てくる
  • イスから立ち上がる時に膝が痛む
  • しゃがむ動作の途中でお皿の下が痛む
  • 膝を曲げるとお皿の下が突っ張る
  • 長時間立っていると膝が痛くなる
  • ジャンプする時にお皿の下が痛む

他にも考えられる状況はありますが、上記のような場合は靱帯や筋肉が原因の膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)です。

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の原因になる部分

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の原因が固まった靱帯や筋肉にある。その場合、主にどの辺りが原因になるのか説明します。

お皿の下の靱帯(膝蓋靱帯)

原因になる靱帯

お皿の下の靱帯が痛みの原因になる

膝のお皿の下にある靱帯を膝蓋靱帯と言います。この靱帯が固まってしまうことで痛みが出ます。

歩く、体重を乗せる、しゃがむ。こういう時に痛むなら、靱帯そのものが原因です。

太ももの前の筋肉

原因になる筋肉

太ももの前の筋肉が痛みの原因になる

太ももの前の筋肉が原因で、膝のお皿の下に痛みが出ることもあります。

靱帯と同様、歩いたり、しゃがむ時など足を使う動作をする時に痛むなら、太ももの前の筋肉にも原因があると言えます。

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)に鍼をする理由

歩いたり、膝を曲げるとお皿の下が痛む。その原因が靱帯や筋肉にあるなら、それらへの対策が必要です。

このことから、靱帯や筋肉が原因の膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)に鍼をする理由は次の2つ。

  • 膝蓋靱帯炎の原因は、多くの場合で固まった靱帯や筋肉にある
  • その靱帯や筋肉に対して、鍼なら直接施術をすることが可能だから

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)に対するトリガーポイント鍼療法

当院では、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。

歩いたり、膝を曲げた時にお皿の下が痛む場合でも、靱帯や筋肉に原因がある状態なら施術の対象になります。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

トリガーポイント鍼療法による主な施術部分

トリガーポイント鍼療法による、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の主な施術部分を解説します。

赤い丸を付けている場所が、主に施術をする部分です。

主な施術部分1

お皿の下の靱帯へ施術

主な施術部分2

太ももの前の筋肉へ施術

主な施術部分は、お皿の下の靱帯(膝蓋靱帯)と太ももの前の筋肉(内側・外側)です。特にお皿の骨(膝蓋骨)の周囲は、痛みの原因になっていることが多いです。

状態によっては、膝の裏側の筋肉へ施術をすることもあります。

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の施術例 -あなたの状態と比べてみてください-

当院における膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の施術例です。

ご自身の状態と比較して、参考にしてみてください。

施術例:走るとお皿の下が痛くなる(Tさん)

Tさんは、走るとだんだんお皿の下に痛みが出る状態でした。

ストレッチやマッサージでは治まらなかったためご来院(写真はイメージです)。

Tさんの症状

走るとお皿の下が痛む状態

施術内容

Tさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 膝蓋靱帯
  • 太ももの前の筋肉

膝蓋靱帯の内側が特に痛みの原因になっていたため重点的に施術を行った。

よくあるご質問

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)について、よくあるご質問をまとめました。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

歩くとお皿の下がズキンと痛みます。鍼をすれば1回で良くなりますか?

■当院からの回答

1回の施術のみで完全に良くなることはないと思います。

一定の間隔で、施術を続けて受けていただく必要がありますので予めご了承ください。

運動に関するご質問

■ご質問

膝蓋靱帯炎なのですが、ランニングをしても良いですか?

■当院からの回答

痛みが強い時は、無理に走らないことをおすすめします。

走っていると、だんだん楽になってくるという状態も同じ。

大会などが近い場合は、走る距離、スピードを落としてみてください。

筋トレに関するご質問

■ご質問

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)になり、太ももの前の筋肉を鍛えるようにと言われました。

ジムへ行って鍛えたほうが良いですか?

■当院からの回答

痛みがある時に鍛えることは良くありません。

鍛えることと治すことは別です。また、鍛えれば良くなるということでもないのです。

筋トレ自体は悪いことではありませんが、鍛えるのは良くなってからにしてください。

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)による痛みでお困りならご予約ください

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)になると、日常生活での動作やスポーツをする際に痛くて困ると思います。

痛みが強い場合は、湿布やストレッチだけでは治まりません。こういう場合に必要なことは、原因になっている靱帯や筋肉がゆるむこと。

ですから、筋トレで太ももの前を鍛えたり、力任せのストレッチをすれば良いということではありません。

筋トレは良くなってから、ストレッチは優しく丁寧に。これが基本です。

また、湿布を貼っても治まらないのは、湿布は消炎鎮痛剤だからです。つまり、固まって痛みが出ているに対しては、原因が違うのです。

湿布を貼っても、ストレッチをしても、自分でマッサージをしても痛い。そんな場合は、トリガーポイント鍼療法をお試しください。

名古屋市内で施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926