梨状筋症候群でお尻や足が痛む方へのトリガーポイント鍼灸

太ももの痛み

歩くとお尻や足が痛くなる。でも、痛み止めが効かない。

そんな状態に大切なポイントをお伝えします。

梨状筋症候群と神経は関係ありません

  • お尻や足が痛むので長時間歩けない
  • 痛み止めなどの薬が効かない
  • ブロック注射をしても痛い

もし、このような状態なら、原因は神経ではなく筋肉にあります。

筋肉に原因があると言える理由

痛みの原因が神経なら、リリカが効くはずです。ですが、効かないということは、神経が原因ではないということ。

また、痛む場所がお尻、太もも、ふくらはぎのように変わることがある。

これは、梨状筋だけではなく、複数の筋肉が痛みを出しているからです。

痛みやしびれの原因になりやすい筋肉

バツ印の部分にある筋肉が固まると、お尻や足に痛みやしびれが出やすくなります。

腰・お尻の筋肉が原因の場合

原因になる筋肉1

腰、お尻の筋肉が原因で痛みが出る

歩く、座るなどで痛みやしびれが出るなら、こういった部分の筋肉が原因です。

股関節周り、足の筋肉が原因の場合

原因になる筋肉2

股関節や足の筋肉も痛みの原因になる

歩くと痛む、座っているとしびれてくる。そんな場合、こういった部分が原因になることが多いです。

筋肉が原因の梨状筋症候群に鍼をする理由

  • 梨状筋症候群によるお尻や足の痛み・しびれは固まった複数の筋肉が原因
  • その複数の筋肉を、直接刺激できるのが鍼の施術だから

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

梨状筋症候群の施術例

Yさんは、お尻から足にかけて痛みとしびれがありました。そのため、歩行や座ることも困難な状態。

病院では原因不明と言われ、点滴をしてもらっても治まらなかったためご来院(写真はイメージです)。

Yさんの症状

お尻から足先にかけての痛みとしびれ

施術内容

Yさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • お尻
  • 股関節周り
  • ふくらはぎ

お尻、股関節周り、足が痛みやしびれの原因になっていたため、集中的に施術。

よくあるご質問

梨状筋症候群について、よくあるご質問をまとめました。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

お尻から足が痛くて、梨状筋症候群と言われました。

何回鍼をすれば良くなりますか?

■当院からの回答

施術の回数に関しては個人差があります。

施術を重ねていただく必要がありますので予めご了承ください。

鍼の施術に関するご質問

■ご質問

病院で梨状筋症候群と言われました。

梨状筋に鍼をしてもらえますか?

■当院からの回答

梨状筋症候群と言われた場合でも、梨状筋だけが原因とは限りません。

鍼の施術をする部分については、当方で判断しておりますのでご了承ください。

セルフケア関するご質問

■ご質問

梨状筋症候群と言われました。ウォーキングをすれば良くなりますか?

■当院からの回答

筋肉が原因の場合、さらに筋肉に負荷をかけるウォーキングは控えてください。

梨状筋症候群の施術をご希望ならご予約ください

梨状筋症候群は、神経が圧迫されることで痛みが出るとされます。

ですが、リリカやブロック注射が効かない。そんな場合は筋肉が原因です。

薬や注射がダメなら、トリガーポイントの施術を一度お試しください。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926