テニス肘で肘の外側が痛む時のトリガーポイント鍼灸 -湿布やサポーターをしても痛む方へ-

テニス肘

テニス肘で肘を曲げたり、力を入れると痛む。また、肘を伸ばすと痛むこともある。

湿布やサポーターでも痛む方に知って欲しい、もう1つの方法をお伝えします。

テニス肘の痛みは骨や関節が原因ではありません

  • 肘を曲げると外側や裏側が痛む
  • 肘の外側で骨の出た部分が痛く感じる
  • 手や腕に力を入れると痛む

こういう状態なら、腕の筋肉が固まったことが原因。

そのため、湿布やサポーターでは痛いままなのです。

腕の筋肉が骨に付いている部分が原因

テニス肘の痛みは、腕の筋肉が固まったことが原因です。

肘の外側の骨周りが痛むように感じるので、骨や関節が悪いと思うかもしれません。

ですが、曲げたり力を入れて痛むなら、筋肉が骨に付いている部分が原因なのです。

こんな状態なら筋肉が原因の証拠

テニス肘の痛みが、腕を曲げ伸ばししたり、力を入れる時に出るなら筋肉が原因です。

固まった筋肉は、動かしたり力を入れると痛みが出るという特徴があります。

レントゲンは異常なし。でも動かすと痛む。こんな場合は、筋肉が原因と言えます。

筋肉が原因の痛みは注射では治まらない

固まった筋肉が原因の痛みは、痛み止めの注射をしても治まらないことが多いです。

なぜなら、注射には筋肉をゆるめる作用がないことが理由。

注射が有効なのは、炎症による痛みが出ている時なのです。

テニス肘で肘の外側が痛む時に必要なこと

テニス肘で肘の外側が痛む。こんな場合には、腕の筋肉がゆるむことが必要。

骨が痛む感じがしても、原因は筋肉。また、サポーターは補助するためのもの。

ですから、固まって痛みの原因になっている筋肉への対策が必要なのです。

ご来院された方のご感想

当院にご来院された方のご感想はこちらからどうぞ

こんな時に痛みが出るなら腕の筋肉が原因です -チェックリスト-

肘の痛み

テニス肘の原因が、腕の筋肉が固まったことにある時の特徴をあげます。

  • 肘を曲げると肘の外側が痛む
  • 肘を伸ばすと痛むことがある
  • 手に力を入れると肘が痛む
  • タオルを絞る時に肘が痛む
  • 重いカバンを持つ時に肘が痛む
  • テニスやゴルフで打つ時に肘が痛む
  • 手首を返す動作で肘が痛む

他にもありますが、こういう状況なら、腕の筋肉が固まったことが原因のテニス肘です。

テニス肘の原因になりやすい筋肉

腕の筋肉が固まって肘に痛みが出ている。その場合、主にどの辺りが原因になりやすいかを解説します。

腕の筋肉

痛む部分と原因になりやすい筋肉

腕の筋肉が原因で肘の外側が痛くなる

腕に赤い印、そして肘の外側辺りにバツ印を付けています。赤い印をつけた腕の筋肉が固まると、バツ印を付けた肘の外側が痛くなることがあります。

肘を曲げる、手に力を入れる、重い物を持つ。こういう時に痛むなら、腕の筋肉が原因です。

肘の筋肉

テニス肘の原因になる筋肉2

肘の筋肉が原因で痛みが出る

肘の外側に小さな赤い印をつけています。ほぼ、裏側に近い部分ですが、ここに小さな筋肉があります。この筋肉が固まった場合も、肘の外側に痛みが出ます。

この部分が悪くなると、肘を伸ばした時に肘の外側に痛みが出ることが多いです。

腕の裏側の筋肉

テニス肘の原因になる筋肉3

腕の裏側の筋肉が原因で肘に痛みが出る

腕の裏側に赤い印を付けています。この筋肉が固まってしまうと、肘の外側や尖端に痛みが出ることが多いです。

肘を曲げ伸ばしする際に痛みが出る。そんな場合は、この筋肉が原因のことが多いです。

テニス肘に鍼をする理由

テニス肘で肘の外側が痛む。その原因が固まった腕や肘周囲の筋肉にあるなら、それらへの対策が必要。

このことから、筋肉が原因のテニスに鍼をする理由は2つです。

  • テニス肘で肘の外側が痛む場合、原因は固まった筋肉にある
  • その筋肉に対して、鍼なら直接施術をすることが可能だから

テニス肘に対するトリガーポイント鍼療法

当院では、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。

テニス肘で肘の外側が痛む場合も、腕や肘周りの筋肉が原因なら施術の対象になります。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

トリガーポイント鍼療法による主な施術部分

トリガーポイント鍼療法による、テニスの主な施術部分を解説します。

赤い丸を付けている場所が、主に施術をする部分です。

主な施術部分1

腕や肘周りの筋肉を施術します

主な施術部分2

腕の裏側の筋肉を施術することもあります

主な施術部分は、腕と肘周りの筋肉です。

必要な状態であれば、腕の裏側の筋肉へ施術することもあります。

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

テニス肘の施術例 -あなたの状態と比べてみてください-

当院におけるテニス肘の施術例です。

ご自身の状態と比較して、参考にしてみてください。

施術例1:肘を曲げると肘の外側が痛む(Yさん)

Yさんはテニス肘になり、肘の外側に痛みがありました。

湿布を貼っても、整体に行っても治まらなかったためご来院(写真はイメージです)。

Yさんの症状

肘の外側周囲の痛み

施術内容

Yさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 腕の筋肉
  • 肘の外側周囲の筋肉

肘の関節周囲の筋肉が、広い範囲で痛みの原因になっていた。そのため、広い範囲で施術を行った。

施術例2:肘を曲げ伸ばしすると肘の外側が痛む(Tさん)

Tさんは、肘を曲を曲げる時や、伸ばす時に肘の外側に痛みがありました。

湿布を貼っても、運動を休んでも治まらなかっためご来院(写真はイメージです)。

Tさんの症状

肘を曲げ伸ばしすると外側が痛む状態

施術内容

Tさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 腕の筋肉
  • 肘の外側周囲の筋肉

肘周囲の筋肉が痛みの原因になっていため、肘周囲に施術を行った。

施術例3:ゴルフをする時に肘の外側が痛む(Iさん)

Iさんは、ゴルフでクラブを握る時や、ボールと打つ時に肘の外側に痛みがありました。

痛くてゴルフができないとのことでご来院(写真はイメージです)。

Iさんの症状

手に力を入れると肘の外側が痛む状態

施術内容

Iさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 腕の筋肉
  • 肘の外側周囲の筋肉

腕の筋肉が主に痛みの原因になっていた。そのため、手首近くまで筋肉を施術。

よくあるご質問

テニス肘について、よくあるご質問をまとめました。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

テニス肘で肘の外側が痛みます。1回で治りますか?

■当院からの回答

1回で完全に良くなることはないと思います。

一定の間隔で、施術を続けて受けていただく必要がありますので予めご了承ください。

湿布に関するご質問

■ご質問

肘の外側が痛みます。

湿布を貼った方が良いですか?

■当院からの回答

一度湿布を貼ってみて、楽になるならしばらく貼ってみてください。

湿布は炎症が原因の痛みには有効です。しかし、筋肉が原因なら効果は低いでしょう。

湿布が効く場合でも、かぶれやすい方は気を付けてください。

スポーツをして良いかどうかに関するご質問

■ご質問

テニス肘になり、肘の外側が痛みます。しかし、仕事でゴルフをしなくてはいけません。

こんな状態で、ゴルフをしても良いですか?

■当院からの回答

お仕事でのゴルフとなると、判断が難しいと思います。

痛みが強くてかなり困難なら、途中でゴルフができなくなることもあります。

かなり痛みが強い時は諦める。何とか我慢してできそうなら、テーピングやサポーターを使って少しでも痛みが減るようにしてみてください。

テニス肘の施術をご希望ならご予約ください

テニス肘で肘の外側が痛む。この場合、肘の骨で少し出っ張った部分が痛むことが多いです。そのため、骨が原因かと思ってしまいがち。

こんな場合、レントゲンは異常なしのはずです。なぜなら、痛みの原因が骨や関節ではなく、腕や肘周囲の筋肉にあるからです。

筋肉が固まって痛みが出ている。その場合に必要なことは、固まった筋肉への対策です。

サポーターやテーピングも良いですが、これらは筋肉を補助するためのもの。ですから、これだけでは対策としては不十分。

また、湿布や注射をしても治まらないことがあります。なぜなら、湿布や注射は、炎症が原因の痛みへの対策だからです。

ですから、炎症による痛みが出ていれば良いです。しかし、そうでなければ効果は期待できません。

固まった筋肉が原因なら、それらがゆるむことが必要なのです。ですから、サポーターや湿布などで治まらなかった場合は、一度トリガーポイント鍼療法をお試しください。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926