腱鞘炎で親指を動かすと手首が痛む方への鍼灸

腱鞘炎

腱鞘炎の痛みの原因は、腕の腱や筋肉が固まったことにあります。

腱や筋肉が原因なら、湿布や薬、注射ではなくもう1つの方法があります。

こんな状態なら薬や注射の効果は期待できない

  • 親指を動かすと手首が痛む
  • 普段のちょっとした動作で手首が痛む
  • 腕に力を入れると手首が痛む

こういう状態なら、腱や筋肉が固まったことが原因。

そのため、痛み止めなどが効かないことが多くあります。

腱鞘炎の痛みは腱や筋肉が固まったことが原因

腱鞘炎の痛みは、固まった腱や筋肉に原因があることが多いです。

そして、薬や注射は消炎鎮痛剤なので、炎症を抑えることが目的。

そのため、固まった腱や筋肉が原因の痛みに対しては、薬や注射は効かないのです。

固まった腱や筋肉が原因と言えるのはなぜ?

痛みの原因はいろいろあります。そして、腱や筋肉が原因の場合には特徴があります。

それは、腱や筋肉を動かした時に痛みが出るということ。

指を動かす、荷物を持つ。こういった動作に伴って痛むなら、腱や筋肉が原因なのです。

炎症が原因の場合もあるけれど

腱鞘炎の痛みは、文字通り炎症が原因のこともあります。

ただ、炎症が原因なら薬や注射で治まります。

そういった方法で治まらず、手を使うと痛むなら腱や筋肉が原因なのです。

腱鞘炎で手首が痛む時に必要なことは何?

腱鞘炎で手首が痛む。この時に必要なのは、腱や筋肉がゆるむこと。

薬や注射が効かないのは、炎症が原因ではないからです。

ですから、薬、注射、さらには固定でもなく、腱や筋肉への対策が必要なのです。

こんな時に痛みが出るなら腱や筋肉が原因です -チェックリスト-

手首の痛み

腱鞘炎で、腱や筋肉に原因がある状態の特徴をあげます。

  • 親指を動かすと手首が痛む
  • 手に力を入れると手首が痛む
  • フライパンを振ると手首が痛む
  • 包丁で硬い材料を切る時に手首が痛む
  • 荷物を持つ時に手首が痛む
  • タオルを絞る時に手首が痛む
  • 親指を握り手首を曲げると痛む

他にもありますが、こういう状況なら、固まった腱や筋肉が原因の腱鞘炎です。

腱鞘炎の原因になりやすい部分

腱鞘炎の原因が、固まった腱や筋肉にある。その場合は、主にどの辺りが原因になりやすいかを解説します。

手首や指の腱

指の腱

手首や指の腱が痛みの原因になりやすい

手首から親指にかけてバツ印を付けています。ここには、親指を動かす腱があります。この腱が固まると、手首の赤い印の部分に痛みが出ることが多いです。

親指を写真のように広げた時に手首が痛む。そんな時は、バツ印の部分が原因です。

腕の筋肉

腕の筋肉

腕の筋肉が手首の痛みの原因になる

腕に赤い印を付けています。この部分には親指を動かす筋肉があります。この筋肉が固まると、手首に付けたバツ印の部分に痛みが出るようになります。

荷物を持つ、手に力を入れる、フライパンを振る。こういった動作で痛みが出るなら、腕の筋肉が原因と考えられます。

腱や筋肉が原因の腱鞘炎に鍼をする理由

腱鞘炎で手首が痛む。その原因が固まった腱や筋肉にあるなら、それらへの対策が必要です。

このことから、腱や筋肉が原因の腱鞘炎に鍼をする理由は2つ。

  • 腱鞘炎で手首が痛む場合、原因の多くは固まった腱や筋肉にある
  • その腱や筋肉に対して、鍼なら直接施術をすることが可能だから

腱鞘炎に対するトリガーポイント鍼療法

当院では、トリガーポイント鍼療法という施術を行っています。痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。

腱鞘炎で手首が痛む場合でも、腱や筋肉が原因なら施術の対象になります。

※施術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

トリガーポイント鍼療法による主な施術部分

トリガーポイント鍼療法による、腱鞘炎の主な施術部分を解説します。

赤い丸を付けている場所が、主に施術をする部分です。

腱鞘炎の主な施術部位

指や手首の腱、腕の筋肉を施術します

主な施術部分は、手首の腱や腕の筋肉です。

写真の赤い丸で囲んでいる部分以外にも、必要な部分があれば施術を行います。

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

腱鞘炎の施術例 -あなたの状態と比べてみてください-

当院における腱鞘炎の施術例です。

ご自身の状態と比較して、参考にしてみてください。

施術例1:親指を動かした時に手首が痛む(Mさん)

Mさんは、腱鞘炎による手首の痛みがありました。湿布を貼っても痛むためご来院。

ご来院時の状態

親指を広げたり、曲げたりすると手首に痛みが出る状態。

そのため、タオルを絞るとか、手に力を入れる時が特に痛む(写真はイメージです)。

Mさんの状態

親指を広げると手首が痛む状態

施術内容

Mさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 腕の筋肉
  • 手首の腱

手首の腱が特に痛みの原因になっていたため、集中的に施術を行った。

施術経過

手首の出っ張った骨の近くにある腱が、主に痛みの原因になっていたため集中的に施術。

また、その腱とつながっている腕の筋肉も固まっていたため施術。

施術を重ねた結果、親指を動かしたり、手に力を入れても大丈夫になったため施術終了とした。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

施術例2:手に力を入れると手首が痛む(Yさん)

Yさんは、手に力を入れると手首の痛みが出る状態でした。料理やスポーツをする時に困るとのことでご来院。

ご来院時の状態

写真のように、親指を握って手首を曲げると手首に痛みが出る状態。

そのため、包丁を使ったり、テニスをする時に特に痛む(写真はイメージです)。

Yさんの状態

親指を握って手首を曲げると痛みが出る状態

施術内容

Yさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 腕の筋肉
  • 手首の腱
  • 指の腱

腕の筋肉、手首・指の腱すべてが痛みの原因になっていたため、広範囲に施術を行った。

施術経過

腕の筋肉、手首、指の腱、すべてに対して鍼で施術。

施術を続けるうちに、腕の筋肉の状態がゆるみ、腱の硬さが残ったため腱に集中して施術。

最終的に、腕を使う作業やスポーツができるようになったため施術終了とした。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

施術例3:手に力を入れると手首が痛む(Kさん)

Kさんは、手に力を入れると手首の痛みが出る状態でした。また、手首を返す動作でも痛みが出るとのことでご来院。

ご来院時の状態

写真のように、手首を返す(曲げる)と手首に痛みが出る状態。

そのため、日常のちょっとした動作で痛みが出るとのことでした(写真はイメージです)。

Kさんの状態

手首を返す動作で痛みが出る状態

施術内容

Kさんに対して施術を行ったのは、下記の部分です。

  • 手の甲側の腕の筋肉
  • 手のひら側の腕の筋肉
  • 手首の腱

腕の筋肉(手の甲側・手のひら側)と、手首の腱が痛みの原因になっていたため施術を行った。

施術経過

腕の筋肉(手の甲側・手のひら側)、手首の腱に対して鍼で施術。

施術を重ね、腕の筋肉の状態がゆるみ、腱の硬さが残ったため腱に集中して施術。

最終的に、手首を返す動作がスムーズにできるようになったため施術終了とした。

※施術の一例です。効果を保証するものではありません。

よくあるご質問

腱鞘炎についてのよくあるご質問です。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

腱鞘炎で手首が痛みます。鍼をすれば1回で治りますか?

■当院からの回答

1回で完全に良くなることはないと思います。

早く良くなりたいというお気持ちはよく分かります。ですが、一定の間隔で、施術を続けて受けていただく必要がありますので予めご了承ください。

サポーターに関するご質問

■ご質問

腱鞘炎で手首が痛みます。

サポーターはした方が良いですか?

■当院からの回答

サポーターに関しては、着けて楽なら使ってください。

着けても変わらないなら、締め付けているだけですから外しましょう。

サポーターだけではなく、固定用の装具も同じように考えてください。

手を使って良いかどうかに関するご質問

■ご質問

腱鞘炎で手首が痛みます。手を使わないようにと病院で言われました。

ですが、手なので使わないわけにもいきません。どうすればいいですか?

■当院からの回答

日常生活で、必要な範囲で使うようにしてみてください。

無理のない範囲で使うことは構いません。痛みを我慢するのではなく、必要な範囲で使う。

そして、同時進行で、腱鞘炎の治療や施術を受けるのが良いです。

腱鞘炎で手首が痛くてお困りならご予約ください

腱鞘炎で手首が痛む。湿布を貼ったり、痛み止めの薬も飲んでみたけれどやっぱり痛む。

サポーターや、固定用の装具も試してみたけれど、正直言って邪魔。そして、なかなか治まらないので、注射をしてもらったけれど痛みは変わらない。

こうなると、手術しなければいけないのかな?と思うかもしれません。ですが、そう考えるの前に、できることはまだあるのです。

それが、固まって痛みの原因になっている腱や筋肉への施術です。

湿布や薬は消炎鎮痛剤。ですから、炎症による痛みがなければ効きません。これは、注射でも同じこと。

サポーターや装具は、あくまでも補助具。ですから、着けて楽なら使えば良いというものなのです。

こういうことをしても痛みが治まらないのは、腱や筋肉が固まったままだから。そして、その状態に対しては、手術以外にも方法があるのです。

それが、トリガーポイント鍼療法。手術が良い・悪いではありません。その前に、腱や筋肉への施術を試してみて欲しいのです。

腱鞘炎で、湿布、薬、注射、サポーターなどがダメだった。そんな方こそ、一度トリガーポイント鍼療法を受けてみてください。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

電話で予約をする:052-747-1926