腱鞘炎で手首が痛む方へのトリガーポイント鍼灸

腱鞘炎

こんな状態なら腱や筋肉が原因

  • 親指を動かすと手首が痛む
  • 普段のちょっとした動作で手首が痛む
  • 病院の注射や湿布でも痛む

こういう状態なら、腱や筋肉が固まったことが原因。

その理由を解説します。

固まった腱や筋肉が原因と言えるのはなぜ?

痛みの原因はいろいろあります。そして、腱や筋肉が原因の痛みには特徴があります。

それは、腱や筋肉を動かした時に痛みが出るということ。

指を動かす、荷物を持つ。こういった動作に伴って痛むなら、腱や筋肉が原因なのです。

腱鞘炎の原因になりやすい部分

バツ印の部分が固まってしまうと、赤い印の部分に痛みが出るようになります。

手首や指の腱が原因の場合

指の腱

手首や指の腱が痛みの原因になりやすい

親指を写真のように広げた時に手首が痛む。そんな時は、バツ印の部分が原因です。

腕の筋肉が原因の場合

腕の筋肉

腕の筋肉が手首の痛みの原因になる

荷物を持つ、手に力を入れる、フライパンを振る。こういった動作で痛みが出るなら、腕の筋肉が原因と考えられます。

腱や筋肉が原因の腱鞘炎に鍼をする理由

  • 腱鞘炎で手首が痛む場合、原因の多くは固まった腱や筋肉にある
  • その腱や筋肉に対して、鍼なら直接施術をすることが可能だから

使用する鍼について

当院では、すべて使い捨ての鍼を使用していますのでご安心ください。

使い捨ての鍼

すべて使い捨ての鍼を使用しています

よくあるご質問

腱鞘炎についてのよくあるご質問です。

施術の回数に感するご質問

■ご質問

腱鞘炎で手首が痛みます。鍼をすれば1回で治りますか?

■当院からの回答

お気持ちは大変よく分かりますが、一定の間隔で施術を続けて受けていただく必要がありますので予めご了承ください。

サポーターに関するご質問

■ご質問

腱鞘炎で手首が痛みます。

サポーターはした方が良いですか?

■当院からの回答

サポーターに関しては、着けて楽なら使ってください。

着けても変わらないなら、締め付けているだけですから外しましょう。

手を使って良いかどうかに関するご質問

■ご質問

腱鞘炎で手首が痛みます。手を使わないようにと病院で言われました。

ですが、手なので使わないわけにもいきません。どうすればいいですか?

■当院からの回答

日常生活で、必要な範囲のみ使うようにしてみてください。

腱鞘炎の施術をご希望ならご予約ください

腱鞘炎で手首が痛む。湿布を貼ったり、痛み止めの薬も飲んでみたけれどやっぱり痛む。

こうなるのは、腱や筋肉が固まったままだから。

腱鞘炎で、湿布、薬、注射、サポーターなどがダメだった。そんな方こそ、一度トリガーポイントの施術を受けてみてください。

施術をご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

平日
9:00~12:00
2:00~7:30

土曜
9:00~12:00
1:00~4:30

木・日・祝はお休みです。

ご予約は下記のボタンからどうぞ。タップすると電話につながります。