フルマラソンの練習中にひざが気になる方に知って欲しいこと

ランナー

練習中にいつもこうなってしまう

  • 走る距離が長くなるにつれて膝が気になる
  • 膝が気になるのでスピード練習があまりできない
  • 膝を深く曲げると違和感を感じる

もし、こういった状況でお困りなら、知って欲しいことがあります。

しっかり練習するために知って欲しいこと

ランニング

練習で長く走るとだんだん膝が気になってくる。そのため練習後にアイシングをしたり、湿布を貼っている。さらに注射をしてもらったこともある。

それでも膝が気になるなら、多くの一般の方がまだ知らない体のことついて知って欲しいのです。

骨や関節だけが原因ではない

ポイント

フルマラソンに向けてしっかり練習をしたい。そんな方に最初に知って欲しいことは、骨や関節だけが原因ではないということ。

なぜなら、練習中に膝が気になるのは骨や関節が原因と考える方が多いからです。実際にそう言われたことがある方も多いと思います。

しかし、骨や関節以外にも原因があるのです。

膝が気になる理由は筋肉にある

ランナー

例えば、レントゲンで関節の間隔が狭い状態が写っていたならそれは間違いありません。ですが、その場合でも必ず骨や関節が原因とは言えないのも事実。

なぜなら、練習中は膝が気になっても、日常生活では練習中ほど気にならない。これは骨や関節ではなく筋肉が固まってしまっているためです。

関節の間隔が狭い状態は変わりません。それなのに、練習中はいつも気になるけれど、日常生活ではそれほどでもないというのは骨や関節以外が原因の証拠と言えます。

筋肉が固まるとできるトリガーポイント

筋肉に疲労がたまると、だんだん固まってきてしまいます。その状態が続くとできるのがトリガーポイントと呼ばれる痛みの元。

このトリガーポイントがたくさんできてしまった結果、練習で筋肉を使えば使うほど気になってしまう状態ということですね。

※ちなみに、筋肉が固まったことが原因の場合、アイシングはあまり対策にはなりません。

トリガーポイントができやすい部分

フルマラソンの練習中に膝が気になる場合、主に太もも周囲の筋肉が固まっていることが多いです。

3枚の写真をご覧ください。

鵞足炎

太ももの内側の筋肉が固まると膝の内側に痛みが出やすい

腸脛靱帯炎

太ももの外側の筋肉が固まると膝の外側に痛みが出やすい

膝蓋靱帯炎

太ももの前側の筋肉が固まると膝のお皿の下に痛みが出やすい

赤い印の部分にある筋肉にトリガーポイントができると、バツ印の部分が気になったり痛みを感じることが多いです。

長く走れる人がうらやましいと思ったら

トリガーポイントへの対策はいろいろあります。トリガーポイントを刺激する鍼の施術もその1つ。

筋肉を刺激するだけならストレッチやマッサージでも可能です。ですが、トリガーポイントが形成されるのは体の奥。奥にあるトリガーポイントでも、鍼なら十分に刺激することができます。

長く走れる人がうらやましいと思ったら、トリガーポイントを刺激する鍼の施術を試してみませんか?

鍼灸師紹介

プロフィール

三宅修平/鍼灸師

初めまして。筋肉に鍼をするトリガーポイントという施術を長年行っています。

お体のことについてご相談等もお受けしております。

こんな方は筋肉が原因かもしれません

  • 長く走れば走るほど膝が気になる
  • スピードを上げようとすると膝が気になる
  • アイシングをしても変わらない
  • 湿布を貼っても変わらない
  • 練習中は膝が気になるが普段は気にならない

こんな状態なら、骨や関節ではなく筋肉が固まったことが原因かもしれません。

筋肉が原因かな?と思ったら

走るとだんだん膝が気になる。湿布を貼っても変わらない。そんな状態が続いている。

そんな場合は、当院で筋肉の状態をチェックさせてもらえればと思います。

※効果を保証するものではありませんので予めご了承ください。

施術をご希望の方はご予約ください。

受付時間

平日
9:00~12:00
2:00~7:30

土曜
9:00~12:00
1:00~4:30

木・日・祝はお休みです。