薬を飲んでも注射をしても、痛み・しびれが変わらない!でも手術はしたくない方へ

足の痛み

毎日ちゃんと薬を飲んでるのにこんな状態

  • 朝起きた直後はふくらはぎがかなり痛い
  • 顔を洗う時に前かがみがつらい
  • 長時間歩くとお尻から足が痛くなる

もし、あなたがこういったことでお悩みなら、知って欲しいことがあります。

薬や注射で変わらない方に知って欲しいこと

薬

痛み止めを飲んだり、ブロック注射をしてもらってもやっぱり変わらない。

そんな場合は、痛みやしびれの原因を間違えているかもしれないということを知って欲しいのです。

何でも神経が原因とは限らない

チェック

痛み止めや注射で変わらない方に知って欲しいのは、神経だけが痛みやしびれの原因ではないということ。

MRIの画像で神経圧迫の状態が写っていたならそれは間違いありません。ただそんな場合でも、原因は神経ではなく筋肉の場合があるのです。

こんな状態は筋肉が原因

腰

例えば、朝起きた直後は痛みが強いけれど、動いているうちに少しずつ治まってくる。

こんな状態は、神経ではなく筋肉が原因と考えられます。この場合に神経に対しての薬や注射をしても変わらないという結果に。

痛みやしびれの原因になりやすい筋肉

筋肉に原因がある場合、どのように痛みやしびれが出るのか例を紹介します。

バツ印を付けている部分の筋肉が固まってしまうと、赤い印の部分に痛みやしびれが出ることが多いです。

腰やお尻の筋肉が原因の場合

原因になりやすい筋肉1

腰やお尻の筋肉が原因で足に症状が出る

歩くと痛みやしびれが強くなる場合、バツ印の部分の筋肉が原因のことが多いです。

股関節周り・足の筋肉が原因の場合

原因になりやすい筋肉2

股関節周囲、足の筋肉が原因で症状が出る

歩く時や座っていると症状が強くなる。そんな時は、これらの部分が原因のことが多いです。

筋肉への施術ならこの方法

刺鍼イメージ

痛みの原因が筋肉にある場合には、施術として筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という方法があります。

これは、固まって痛みの原因になっている筋肉に対して施術をする方法。

例えば、椎間板ヘルニアと言われた場合でも、神経ではなく筋肉に原因がある状態なら施術が可能ということになります。

施術をご希望の方へ

薬やブロック注射が効かないのは、筋肉が原因だからです。それでも手術は必要でしょうか?

本当に手術が必要な場合はあります。ですが、手術が不要な場合が多いのも事実。

手術は最後の最後。その前に、トリガーポイントの施術を試してみてください。

※効果を保証するものではありませんので予めご了承ください。

ご希望の方はお電話でご予約ください。

受付時間

平日
9:00~12:00
2:00~7:30

土曜
9:00~12:00
1:00~4:30

木・日・祝はお休みです。

電話で予約をする:052-747-1926