背骨がズレていると言われたら知って欲しい3つのこと

3

腰やお尻、足に痛みがあり、その原因が背骨のズレにあると言われたことがある。

そんな方に知って欲しい3つのことがあるので解説します。

※動画で見たい方はこちらからどうぞ

知って欲しい3つのこと

背骨がズレているとかゆがんでいると言われた方に知って欲しいのは次の3つです。

骨盤がゆがんでいると言われた方でも同じと思ってくださいね。

  1. 背骨のズレは痛みの原因ではない
  2. ズレやゆがみは体の使い方と関係がある
  3. ズレによる痛みにも対処法がある

それぞれについて解説します。

背骨のズレは痛みの原因ではない

腰

レントゲンで背骨のズレが写っていても、そのズレは痛みの原因ではありません。

なぜなら、骨が勝手に動いてズレるわけではないからです。

背骨や骨盤のズレ・ゆがみの原因になるのは筋肉。筋肉が縮んで固まった結果、背骨が引っ張られてズレたりゆがんだりするということ。

つまり、ズレやゆがみは結果であり、痛みの原因はそれらを作った筋肉にあるということですね。

ズレやゆがみは体の使い方と関係がある

背骨がズレるは体の使い方によって筋肉が影響を受けるからです。

筋肉は負担の大きい部分から疲労がたまります。疲労がたまった筋肉は縮んで固まり、結果として背骨や骨盤を引っ張ります。そして最後は痛くなる。

体の左側ばかりに負担がかかることをしていると、左が疲れてきますよね。その結果、ズレやゆがみができるということ。

ただ、人間はロボットではありません。どんなに姿勢に気を付けていても必ず左右差はでてきます。

ズレによる痛みにも対処法がある

背骨がズレて痛むのではなく筋肉がズレの原因。そして、その筋肉が痛みの原因になります。

ズレやゆがみがある場合、対処法としては固まってズレやゆがみを作った筋肉をケアすることが良いです。

固まった筋肉は疲労がたまった結果です。疲労がたまらないようにして、筋肉の良い状態を保つことが痛みの予防にもなりますよ。

補足

背骨のずれやゆがみの原因は筋肉が固まった結果。そして、筋肉が固まると痛みの原因になります。

こういった筋肉が原因の痛みには、痛み止めやブロック注射は効かないことが多いです。

なぜなら、薬や注射には筋肉をゆるめる作用がそもそもないからです。

薬・注射がダメなのではなく、原因と対策の組み合わせが間違っているということですね。

ご参考ください。

ご相談受付中

ご質問・ご相談がある方はLINEのメッセージからどうぞ。お気軽に。

施術をご希望の方へ

痛みやしびれの原因が「筋肉かな?」と思ったら施術を受けてみませんか?

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法で施術をします。

ご希望の方はこちらからどうぞ。